海外の反応で英語の勉強

日本に関連する海外の方の英語を翻訳しながら英語力を磨いていきます。
タイトル通り英語の勉強に重点を置いているため、純粋に海外の反応を楽しみたい方には向いていないかもしれませんが、ご了承ください。
英語の勉強の息抜きにでも見に来てくださいヾ(*´∀`*)ノ最近、中国語の勉強も始めました!

    無限の住人

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。

    それではアニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第24話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


    e
    参照元:reddit mal

    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第24話に対する海外の反応(最終回)外国人「多くの欠点もあったが、それでもこのアニメは原作を忠実にアニメ化してくれたと思う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。

    それではアニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第23話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


    いつもの万次さんだった。ただこいつは槇絵でも苦労しそうな気がする。
    e
    参照元:reddit mal
    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第23話に対する海外の反応(感想)「万次はちゃんとした相手に不死の力なしで一度でも勝ったことがあるのだろうか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。


    それではアニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第22話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


    この決めポーズいいね 
    e (2)
    参照元:reddit mal

    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第22話に対する海外の反応(感想)外国人「アニメで母国語が聞こえてくるのはとても面白かった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。

    アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第21話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


    ここからの一連の演出がかっこよかった。
    s
    参照元:reddit
    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第21話に対する海外の反応(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。


    それではアニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第20話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


    尸良さん左目義眼だったっけ?
    ed
    参照元:reddit
    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第20話に対する海外の反応(感想)外国人「尸良は一生忘れることができないキャラクターだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。


    それではさっそくですがアニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第19話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。

    シンプルにかっこいい!
    wd (3)
    「全身全霊で悪名を刻む」
    参照元:reddit mal

    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第19話に対する海外の反応 外国人「怖畔はガチのモンスターだな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。

    それではさっそくですがアニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第18話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


    さあ盛り上がってまいりました!
    ws
    参照元:reddit mal
    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第18話に対する海外の反応 外国人「天津のこのセリフを聞くとHUNTER×HUNTERのクロロを思い出す」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どうもカゲロウです。


    それではさっそくですがアニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第17話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


    先生カッコよくて笑ったw
    w (2)
    参照元:reddit mal

    【アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」第17話に対する海外の反応(感想)外国人「あの男がもっているのは斬魄刀かなにかか」】の続きを読む

    このページのトップヘ