どうもカゲロウです。

やっと禰豆子来た!
t
参照元:reddit mal







海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)


・今期ようやく禰豆子が登場!
炭治郎を起こそうとしたあと、頭を撫でてもらおうとするところが好き。あそこ可愛すぎる。
f (1)
それもうまくいかなかったので頭突きでもしてみようかと思ったのかな?鬼になっても禰豆子より炭治郎のほうがさらに固いのが面白いww
f (2)
f (5)
Finally Nezuko makes her first appearance this season! I love how the first thing that she does after trying to wake Tanjiro up is try to get some headpats from him. God that's so adorable. That didn't work too so maybe headbutting him will? It is hilarious how even as a demon, Tanjiro's head is even harder than hers. xD



・禰豆子最高に可愛すぎる。オーマイゴッシュ、可哀想な禰豆子、おそらくこの鬼滅の世界で最も固いものに頭突きをしなければいけなかった。
今回のエピソードにはこの作品を通じて最も大好きなシーンの1つがある。炭治郎のコアのところ、本当に美しいシーンだった、あそこはまさに彼の性格を象徴している。本当になんて心優しい男なんだ。
Nezuko is just the cutest thing ever. Omaigosh, poor gal had to headbutt what could be the toughest forehead in the Kimetsuverse.
This episode has one of my favorite scenes in the entire series. Tanjiro's core is such a beautiful scene which epitomizes his character. Such a kind hearted individual.

epitomize A=Aをよく表す Aを象徴する



・禰豆子が炭治郎に頭突きをしたせいでおでこを怪我するところはすっごく「Awwww」な場面だった。
ったく炭治郎、お前の頭はいったい全体なにで出来ているんだ?(笑)
Nezuko headbutting Tanjiro and then tearing up because she injured her forehead was such an “Awwww” moment. Like godddamn, Tanjiro, wtf is your head made out of, lol?

Awwwwは、めちゃくちゃ可愛い、めちゃくちゃ悲しいときに使う感情表現



・伊之助の夢に出てきた列車を見た時、(Choo Choo Charlesという名前の)ホラーゲームのことを考えずにはいられなかった。
rfg (1)
When I saw the sleeping train in Inosukes dream i couldnt help think of that one horror game with the train(its called Choo Choo Charles)

参考までに
rfg (2)



・炭治郎の夢の中で「竈門炭治郎のうた」がさりげなく使われているところが好き。
I loved the subtle use of "Kamado Tanjiro no Uta" in Tanjiros dream


↑のコメントへの返信
この曲がSpotifyに登録されるのをいまだにずっと待ち続けていることを思い出させてくれてありがとう。
Thanks for reminding me that I’m still fuckin waiting for that song to be on Spotify



・鬼滅の刃はシンプルなストーリーだが、家族をテーマにしたストーリと好感のもてる主人公とが相まって人の心をガッチリ掴む感動的なアニメに仕上がっている。
最近はアニメを見るのにちょっと疲れていたところもあったけど、炭治郎と兄弟たちのシーンは素晴らしかった。炭治郎の声から生々しいむき出しの感情が聞き取れた。彼が夢を拒絶し前に進もうとするところは胸が張り裂けそうになった。まさにああいう場面こそ鬼滅の刃が輝く瞬間だ。シンプルなストーリーでありながら「そこにはたくさんのハートが込められている」(他にうまい言葉が見つからない)。それにより子供から大人、お年寄りまで幅広く楽しめる作品に仕上がっている。
鬼滅の刃は鋼の錬金術師とともに少年バトル漫画でありながら家族愛に焦点をあてた数少ない作品の1つ(確かめたわけじゃないけど)。それがこの作品の人気に拍車をかけているのだと思う。
Demon Slayer has a simple story but it´s executions on the family thematic coupled with a likable MC makes it for a compeling anime. I have been kinda burnout from anime a bit, but the scene with tanjirou and his brother was just great, you could feel the raw emotion on tanjirou voice and him rejecting that dream and move on was heartbreaking. I feel is those moments where Demon Slayer shine, telling a simple story but “with a lot of heart in it”(for the lack of better words), that in the end everyone can enjoy and relate, from kids, adults or old people.
Outside of FMA:B, DS is one of the only battle shounens that puts this family thematic on the spotlight and focus (although not sure) which I think it helps.


↑のコメントへの返信
これこそまさに少年漫画のあるべき姿だ。シンプルなプロットにシンプルなテーマ、だがそれがパワフルに描かれる。
This is what shonen should be. Simple plots, simple themes but executed powerfully


↑のコメントへの返信
さらに煉獄の家族間のやり取りも詳細に描き、炭治郎のときと同じぐらい感傷的な気持ちにさせられた。
父親のほうは会ったばかりにも関わらず、息子の大志を気にもかけてないことを知った時の煉獄の気持ちを考えると気の毒に思わずにはいられない。
Even when Rengoku’s family dynamic was explored, it managed to have the same emotional affect. Despite just meeting his dad, you can’t help but feel sad for Rengoku learning that he doesn’t care anymore about his son’s aspirations.



・今週のエピソードは選挙報道のせいで先延ばしにじゃなかったっけ?

I thought this week's episode was delayed because of election coverage?

coverage=報道 放送


↑のコメントへの返信
それ来週。
It's next week.







・この作品を一言でいうと
rf
「なんという美しさ」
炭治郎はシナモンロールの中のシナモンロール。
This series in a nutshell.
Tanjirou is the cinnamonest roll.

シナモンロールはスラングで「心優しく純真な心をもちながら、苦労が絶えない人」みたいな意味。今まで「純真無垢な人」って意味で使ってたけど、どうもその後に「・・・なのに苦労が絶えない人」と続くようです。ある意味炭治郎にぴったりな言葉ですね(笑)


↑のコメントへの返信
彼は本当にグッドボーイだ。
He's a very good boi.



・炭治郎の精神領域がすごい好き。あそこはまさに彼の性格が完璧に詰め込まれている。

i love tanjiros spiritual realm. its such a perfect encapsulation of who he is as a character


↑のコメントへの返信
夢で描かれた雪景色と潜在意識の静かで穏やかな景色との対比が自分にはとても印象的だった、あそこはつまり現在置かれている状況よりそれに対する自身の精神のほうが強いものになりえるということを物語っている。
The contrast between the snowy world of his dream and just the peaceful calm of his subconscious really sticks out to me, just says a lot about how your mentality about things can be stronger than your circumstances

後段部分意味がわかるような、わからないような


↑のコメントへの返信
煉獄の夢の世界とも対比になっているように感じた。穏やかな晴れた日に父親に冷たくされた煉獄と雪の降る寒い日に温かな家族愛に満ちた炭治郎。
f (6)
あと煉獄の精神領域が完全に燃え上がっていたのに対して、炭治郎のが穏やかな暖かさを持っていたという部分もかな。
rf
I feel like it also contrasts Rengoku's dream world, like a calm sunny day where his father is cold to Tanjiro's snowy cold day with a warm and loving family. As well as Rengoku's spiritual realm being completely on fire with Tanjiro's calm warmth.


↑↑のコメントへの返信
それ本当に素晴らしい見方だと思う。煉獄のところそんな風に考えたことはなかったがすごく納得できる。
that's definitely a good way of looking at it, I honestly haven't really considered Rengoku's realm that way but it makes a lot of sense



・うーんまあ・・・特に言うこともないが・・・なんで炭治郎の父親は最後あそこにいたんだ?!!!
f (4)
Um yeah...nothing much to say...but wait why is Tanjiro's father at the end there?!!!



・たとえこれが映画の再放送だとしても、それでも見直す価値はある!
even if this re run of the moovie , this still worth to re watch !!



・オーマイガー!以前に見た内容だとしても本当に素晴らしい。また見てたら涙がでてきた!
5/5
omg! still so glorious even if i have already watched this! i teared-up once again!
5/5.



・今回炭治郎の見せた勇気がすごすぎる。1つ目は家族はもういないんだと改めて受け入れ、その場を立ち去る勇気。2つ目はそれが正しいものかどうかわからないまま喉を切り裂く勇気。リスペクトだ炭治郎、狂おしいほどにリスペクト。
f (3)
The amount of courage Tanjiro showed in this episode is mind-blowing - first the courage to leave his family behind and accept all over again that they're gone and second, the courage to slit his own throat not knowing if it was the right thing to do. Respect, Tanjiro, mad respect



・次週は休みだっけ?

The break is next week?


↑のコメントへの返信
悲しいことにイエス
sadly yes

次週というか今週になってしまいました









おわりに

前回よりさらにコメントは減ってたけどちゃんと内容に触れるものがあってよかったw

今回、禰豆子が普通に喋っているところはなんだか普通の美少女キャラになってしまってコレジャナイ感あった(笑)。そういえばナナリー(コードギアス)が開眼したのを見た時もこんなこと思ったな、ということをふと思い出した。