どうもカゲロウです。


面白かったのでやりました。









海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)

・ニーチェについての講義の動画を見終えたら、これがオススメにでてきた。サンキューインターネット。
This got recommended to me after I finished watching a lecture about Nietzsche. Thank you Internet.



・友達を強く殴ったらその友達がニーチェになった瞬間。
That moment when you hit your friend so hard she becomes Nietzsche.


↑のコメントへの返信
そんな瞬間が自分には必要なんだ。
I need moments like those.


↑のコメントへの返信
死ぬほど笑ったww
I died


↑のコメントへの返信
今まで見てきたコメントの中でベスト。
best comment that i saw in my life


↑のコメントへの返信
どういう意味???コメント欄でみんなが言っていることについて誰か説明してくれ!!!😭
What does that mean!!??? Please explain!!! Everyone in the comment section is going on about that 😭


↑↑のコメントへの返信
ニーチェというのは哲学者。ググってみろ。あと彼の本を読んでみたらいいよ。
Nietzsche is a philosopher. Google it, also, you should read his books too.


↑↑のコメントへの返信
要するにニーチェというのは「神は死んだ」と考えた哲学者。
Basically, Nietzsche is a philosopher who thought that god is dead

そこまではわかるけど、上のコメントのなにがそんなに高評価なのかがよくわからなかった。なにかそれ以外にも自分が知らないニーチェネタが仕込まれていたりするのだろうか?



・神は死んだ
我々が殺したのだ
最上川
god is dead
we have killed him
mogami river


↑のコメントへの返信
ビューティフル
beautiful


↑のコメントへの返信
ゆっこ
-yuuko

edf





・すでに多くの人が漢字に含まれるジョークについて言及しているけど、これは「神」と「紙」という言葉を意味する「kami」という言葉についてのジョークでもある。
じゃんけんをしているところで言った「GOD IS DEAD」というフレーズは日本語に翻訳すると「kami wa shinda」でありそれは「紙は死んだ」という意味にもなる。
Well, many of you have already mentioned the part of the joke concerning the kanji, but the joke is around the word "kami", which means "paper" and "god", and they are playing paper rock and scissors. So the phrase GOD IS DEAD translates to japanese as "kami wa shinda" which also means "paper is dead".

ゆっこが「パー」をだしていたらこの解釈も成り立ちそうだけど考えすぎな気がする。ただこの前後の流れを覚えてないのでなんとも言えないところもある。


↑のコメントへの返信
漢字のジョークってなに?
¿What is the joke of the kanji?


↑のコメントへの返信
漢字のジョークってなに?国語のなかにある文字が飛び出てきたけど
rfg
What's the kanji joke? The radical inside of kokugo came out

漢字のジョークについてはその後もやりとりがあったのですが読んでもイマイチよくわからなかったので割愛しました。


↑のコメントへの返信
日本語の言葉遊びがとても素晴らしいことがわかった!英語だとよほど熟達した人でない限りこういうことはできないよね!
I find it amazing how great the Japanese are with wordplay! You can't do shit like that in English unless you're super experienced!


↑↑のコメントへの返信
英語のネイティブスピーカーじゃないけど、英語で作られるダジャレや言葉遊びも大好きだよ(^o^)
ただ、ときに日本語のそれはもっと複雑で、今回のような理解するのに2つの言語の知識を要するダジャレがあったりする。
I'm not a native English speaker and let me tell you that I love all the puns and wordplay you can actually make with the English language :D Although yeah, sometimes Japanese it's more complex and you can find puns like this one, which involve knowledge of two languages to understand it.


↑↑のコメントへの返信
うん、特にアメリカの英語話者は英語しか知らないしね。だから複数言語を組み合わせたダジャレは1つの言語で作られたダジャレよりもさらに面白く感じる!
Yeah, especially since most English speakers in the US don't know more than one language, so puns using multiple languages are even funnier than puns with just one!


↑↑↑のコメントへの返信
そうだが素晴らしいダジャレなんてめったにない。
Yeah, but good puns are rare

確かにw


↑のコメントへの返信
「kami」は「髪」という意味もあったと思う。だからこのフレーズは「髪は死んだ」・・・ということかも
I think "kami" also means "hair" ,so this phrase means "hair is dead"... probably


↑のコメントへの返信
神-kami-god
紙-kami-paper
髪-kami-hair



↑のコメントへの返信
漢字の「神」(god、通常だと発音は「kami」)は、「shin」と読むこともできるが(大神の神州平原を見ればわかる)、それは「死」(death、dead)の読み方にもよく似ている。つまり「kami wa shin da」は「a god is a god」という解釈も成り立つ・・・あそこで彼女が意味をなさない「god is dead」と言ったのはそれが理由だとおもう・・・
あの場面にダジャレが何個積み重ねられているか自分でもわからなくなってしまった。
I believe the kanji “神” (god, usually pronounced “kami”) can also be read as “shin” (see Shinshu field in Okami), which is similar to “死” (death, dead), so “kami wa shin da” can also be interpreted as “a god is a god”... which I think is why she said “god is dead” when not really meaning exactly what it means...
I just lost count on how many layers of puns there are.

「神は神(しん)だ」という発想はなかったw

実際あの「God is dead」は「最初はグー」につられて言ってしまっただけで深い意味とかないと思うけどどうなんだろ?



神はいない。
いるのは麻衣だけだ。
THERE IS NO GOD
THERE IS ONLY MAI



↑のコメントへの返信
Mai mina*KAMI*




↑のコメントへの返信
Mai best waifu.
MAI WAIFU


元ネタ



↑のコメントへの返信
Its Mai's way or the highway




こういううまいこと言っている風の返信コメントが他にもたくさんあったけど「THERE IS NO GOD THERE IS ONLY MAI」もなにか有名なフレーズを改変したうまいコメントなのだろうか?ググってもよくわからなかった。





・これオススメにでてくるたびに毎回みている。
毎 回 だ
I watch this every time it comes in my recommendations.
E V E R Y T I M E



・英語の上手な祐子を見るのはこれが最初で最後だった。
The first and last time Yuuko was good in english


↑のコメントへの返信
ゆっこはたくさんの言語に精通している。彼女のインドネシア語には英語以上に感銘を受けた!
Yukko’s good at a bunch of languages. Her Bahasa Indonesia really impressed me more than her English!

ゆっこのスラマッパギだよ人生は
相生祐子(本多真梨子)(アーティスト)










・0:04 ガスコイン?(国語の本だから)イギリスの詩人のジョージ・ガスコイン?あるいはイギリスの駐日大使アーヴァリー・ガスコイン?それとも他の人?
「ガスコイン」は日本で有名なのだろうか?ググってみたけど、そんな名前今まで聞いたこともなかった。
追記: https://nichijou.fandom.com/wiki/Nichijou_Episode_5によるとジョージ・ガスコインのことらしい、それで納得した。ただ自分は彼の名前を聞いたことがない。
efg
0:04 Gascoigne? Like George Gascoigne, the English poet (because of the literature book)? Or Alvary Gascoigne, British Political Representative in Japan? Or someone else? Is "Gascoigne" a known person in Japan? I've just googled it, I never heard of that name
EDIT: https://nichijou.fandom.com/wiki/Nichijou_Episode_5 says it's a reference to George Gascoigne, makes sense. But I never heard of him

下の記事ではサッカー選手のポール・ガスコインが元ネタと書いてありますね。とはいえこれもどこまで信用していいのかわかりませんが




・小島秀夫がコナミを去ると聞いた時の自分のリアクションがこれだった。
My reaction to Hideo Kojima leaving Konami.


↑のコメントへの返信
まさにそれ(´・ω・`)
So true :(



・8年経っても100万再生いかないことに驚いた。

I'm surprised this hasn't gotten over 1M within 8 whole years.


↑のコメントへの返信
God is dead.


↑のコメントへの返信
今はいったぞ
Well now it has



・ゆっこが「Goddo is deaddo」ではなく「God is dead」と言っているところが良かった。
I love how she says "God is dead" and not "Goddo is deaddo"



・不意な英語で笑ったww
Lol, English all of a sudden



・ニーチェジョウ
Nieztschijou









おわりに

そういえば日常は基本ゆっこしか取り上げてないw他にも面白いシーンはたくさんあるけど

あわせて読みたい!
【日常】ゆっこ「この悶絶アチアチホットなシェフの気まぐれチキンバーを一つ」【海外の反応】外国人「失礼なレジ係だな 黙って彼女にチキンを渡してやれよ!」

【日常】メロンパン「賞味期限はパンの裏に表記してあります」ゆっこ「!?」【海外の反応】


こっから日常とは全然関係ないただの宣伝ですが、ずっと昔話題になったときに読もう読もうと思いつつも放置していた「黒い家」を最近audibleで聴いたのですがかなり良かった。

寝ながら聴いていたけど最後の方はめちゃくちゃ緊迫感あって久しぶりに聴いているだけなのに頭に情景が思い浮かぶぐらいのハラハラ・ドキドキする感情に出会えた。

これを聴いた後、同作者の「新世界より」のアニメを見たくなったけどアマプラでもネトフリでも見れなくて残念。MALスコアも8.36とかなりのハイスコアなのでちょっと気になったけど

黒い家
黒い家
posted with AmaQuick
貴志 祐介(著), 乃神 亜衣子(ナレーション), KADOKAWA(出版社)


無料体験でも1冊好きな本が聞けるのでこの機会に「黒い家」をぜひ!
あとその時はぜひ下のバナーリンクからお願いします!!!!

宣伝バリバリですが「黒い家」自体が面白かったのは本当です(笑)