どうもカゲロウです。

ガンダムは元ネタが詳しくないこともあっても前回を最後に当分の間はやる予定がなかったのですが、このシーンの海外の反応が気になったのでやることにしました。

あと今さらなので問題ないとは思いますがネタバレもガンガンあるのでここから先は自己責任でお願いします。

前回の記事
ギレン・ザビ「諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ、なぜだ!?」シャア「坊やだからさ」に対する海外の反応


rf

会話は全文はこちら

デギン「で、どうするつもりか?」

ギレン「せっかく減った人口です これい以上増やさずに優良な人種だけを残す それ以外に人類の永遠の平和は望めません そしてその為にはザビ家独裁による人類のコントロールしかありません」

デギン「貴公、知っておるか アドルフ・ヒットラーを」

ギレン「ヒットラー?中世期の人物ですな」

デギン「ああ、独裁者でな 世界を読みきれなかった男だ 貴公はそのヒットラーの尻尾だな」

ギレン「わたくしが?」

デギン「ワシはジオンの国民を、急ぎ纏める方便として公王制をひいた、ジオンの理想を実現する為にな。しかし・・・」

ギレン「ヒットラーの尻尾のわたくしが独裁制に持ち込んだ」

デギン「キシリアとな」

ギレン「はい 絶対民主制は、連邦ごとき軟弱を生んだだけです それでは人類は共食いになります 今度の戦争の様に まっ、勝って見せます ヒットラーの尻尾の戦いぶり ご覧ください」

デギン「・・・ヒットラーは敗北したのだぞ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二次大戦ネタは荒れる傾向が強いので不本意ながら翻訳元を公開していません。

アマプラ会員の方は40話の8分あたりにこのシーンがあります。



そういえば以前にこの記事を書いたときに特にツッコミを受けないので放置していましたが、こっちもその理由からです。
【海外の反応】ブロッケンJrについて語る外国人 「キン肉マンがフランスで放送禁止な理由」







海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)

・「中世期の人物ですな?」
おいおい、この時宇宙世紀0079年、俺たちでいう西暦2120年あたりだろ。
ヒトラーはわずか200年前の人物だっていうのに、どうして中世期なんて言葉がでるんだ?
" You mean from the middle ages?"
Brah. This is 0079 UC, or like 2120 something in our time.
Hitler was only like 200 years ago for you dude. Brah. Where you come off saying it's the middle ages?


↑のコメントへの返信
正確には宇宙世紀0079年は西暦2159年。
To be exact U.C. 0079 is the year 2159 A.D.

本当?


↑のコメントへの返信
俺たちが中世期と考えている時代が未来においては中世期ではないのかもしれない。
What we consider the Middle Ages now may not remain the Middle Ages in the future.



・わかったわかった、中世期という言葉が気になる人たちへ
B.C-先史時代
A.D-中世期
U.Cー現代
Alright, for the Middle Ages thing.
B.C. - Prehistoric Times
A.D. - Middle Ages
U.C. - Modern Era

本筋と離れるのでカットしてますが中世期(middle ages)という言葉に突っかかるコメントが多かったので上のようなコメントがでてきました。



・まあ、このシーンは視聴者にジオンが悪役だと思い出させるためのエピソードだったと思うが、ガルマを殺したときに放ったシャアの笑い声にはすごく気分が悪くなったもんだ。
Yeah, I have a feeling that this scene was meant to remind us why the Zeons are the villains, though Char laughing as he lets Garma die was certainly unsettling.


↑のコメントへの返信
うん、ザビ家は悪い奴らだった。ジオン国民の多くは独立を求めて戦う普通の人々。悲しいことにガルマだけがザビ家で唯一いいヤツだった。
Well, the Zabis were villains.  Most Zeons were just average people who believed they were fighting for independence.  Sadly Garma was the only good Zabi.


↑↑のコメントへの返信
ドズルは良いやつか悪いやつかで議論のあるところだと思うが、シャアは悪役というより純粋な悪。ドズルは好ましい部分もあったが、シャアは邪悪なクソ野郎だった。
There's a case to be made for Dozle, i guess, and Char is a VILLIAN. he's sort of sympathetic but char is an evil bastard.

There's a case to be made for Dozleがよくわからなかったので「ドズルはそういう役で生み出されたと思うが」と訳しました。間違っていたら教えて下さい。
追記:コメントをいただき修正しました。コメントをくれた方どうもありがとうございました!


↑↑↑のコメントへの返信
いや、シャアは素晴らしい、彼はザビ家の血筋を絶つのに一役買った。
シャアは自分のルールで生きている、そしてどんな体制にも与しない。彼は悪役というよりどちらかというとアンチヒーローに近い。
Nah, Char is great, he helped destroy the Zabi bloodline.  He lived by his own rules & didn't adhere to any system.  He's not a villain but more of an anti-hero.



・ガンダムを見ていて「待て・・・なんだって?」ってなる瞬間
That moment in Gundam where you go "Wait...what?"



・ギレンはヒトラーがどういう人物なのかわかってないが、父親が自分と比較するなら褒め言葉に違いないと匂わせているところが好きだ。
I love the implication that Gihren actually has no idea who Hitler is, but assumes that if his father is comparing him to him, then it must be a compliment.

自分的には「無関心」って感じに聞こえた。



・ギレンが昔、美術学生だったら死ぬほど笑うんだがww
I would die of laughter if Gihren was formally an art student


↑のコメントへの返信
「正式に」それとも「昔は」どっち?
"formally" or "formerly"?

上では「正式に(formally)」と書かれてますが文脈から「昔は(formerly)」で訳しました。ただformallyでも意味は通るといえば通りそうなので判断が難しいところではあります。



・といいつつもサインはする。
rff
He still signed off on the deal


↑のコメントへの返信
だよね、デギンは「もうどうでもいいや」って感じにみえる。
I know right he was like "Well fuck it now"

fuck itのニュアンスはこちらから。


ところでこの記事に書いてある意識高い系の意味が自分とはちょっと違う。

自分の思う意識高い系というのは、ラーメン屋で言うとインスタ映えを意識したか芸術家気取りか知らないけど煮豚から見た目重視でうまくもないレアチャーシューに切り替えたラーメン屋みたいな「本質を外してまで見た目を重視するその意識の高さ」であってそういうものを意識高い系と笑っているんだと思ってた・・・・本当レアチャーシューって見た目以外なにか優れているところあるのか?煮豚の方がうまいし最高だろ!(怒)

もちろん「かわいそうに、本当のレアチャーシューを食べたことが無いんだな」とか言われたら返す言葉もないですがw

※ブログ主はいわゆる「昔ながらの中華そば原理主義者」ではなく、レアチャーシューが嫌いなだけです。

中華そば原理主義者とは
r


↑のコメントへの返信
ギレンはもう事を進めていて、もはやこの状況を止める術はなかった。
Gihren was already doing it so it was a no stopping it now situation



・えっとつまり・・スペースヒトラー?

Sooo.. space hitler?


↑のコメントへの返信
日本版スペースヒトラー「ギレン・ザビ」
アメリカ版スペースヒトラー「パルパティーン皇帝」
🇯🇵 version Space Hitler: Gihren Zabi
🇺🇲 version of Space Hitler: Emperor Palpatine

なんで🇺🇲がアメリカ合衆国になるのかよくわからなかった。あとEmperor Palpatineでググったらダース・シディアスがトップに来たのでそれで訳しました。
追記:コメントを頂き修正しました。コメントをくれた方どうもありがとうございました!




↑↑のコメントへの返信
そんなこと言ったらフリーザがその肩書きは自分こそふさわしいと強く主張してくるかもしれない。
Frieza would like to contend for that title.







・一年戦争が第二次大戦なら、ザンスカール戦争は第三次世界大戦に違いない。

So if the One year war is World War 2, then the Zanscare War must be World War 3.

ザンスカール戦争(ザンスカールせんそう)は、TVアニメ『機動戦士Vガンダム』等の作品に登場する架空の戦争。スペースコロニー一国家のザンスカール帝国とレジスタンス運動組織リガ・ミリティア、地球連邦軍との間で行われた紛争である。



・オリジナルの日本語版を見てみるとギレンは「アドルフ・ヒトラー?興味ないです、私は彼よりもうまくやりますよ、見ててください!」というような感じで喋っていて「follower」という響きには程遠い。
あと「middle ages」もひどい英訳だ。オリジナルの日本語だと「昔の時代」ぐらいの感覚で言っているように感じる。

よくジオンとナチスの比較がされるが、個人的な意見としてジオンはナチスよりもプロイセンに似ている。現代だと極端な環境保護主義者や狂信的な人口削減計画を支持するものたちにも似ているかもしれない。

まあそれはともかく、キシリアもまたパラレル上のゲッベルスに似せて描かれている。ゲッベルスは宣伝省にいた男で、キシリアがそうであったように、ヒトラーよりわずかに長く生き延びた男。違うところはゲッベルスはヒトラーにとても忠実であったのに対し、彼女はそうではなかったというところかな。
Funny as in the original Japanese it sounds more like Gihren is like "adolf hitler? Meh, I can do better - just watch me!", far from sounding like a "follower";  the "middle ages" is just a bad English translation, as in original he says something more like "from the old times".
Despite the frequent comparisons with the nazis, Zion was still more similar to the Prussians imho. Today maybe they would be compared to extreme environmentalists and their fanatical ideas of population reduction.
Anyway, Kycilia also draws some parallel with goebbels, the ministry of propaganda that shortly survived hitler, as she did with Gihren. Only goebbels was apparently very loyal, unlike her.

follower=信奉者 手下 子分という意味がありこれだと訳としておかしい気もしますが、「あとに続く者」という意味もあるのであながち間違いでもない気もします。

それと「middle ages」の訳は「中世」なので特におかしくないですね。強いて言うならオリジナルの日本語がおかしいと言えなくもないですが

プロイセンがジオンとどう似ているのかがよくわからなかった。調べればいくらでも情報は手に入りますが読んでいると眠くなるのでw


↑のコメントへの返信
酷い翻訳だけど、お前も「Zion」じゃなくてZeonな
Bad translation
But you still spell zeon “Zion”


↑のコメントへの返信
まあキシリアは父親そしてザビ家にはとても忠実だったよ。彼女はギレンのことを自身の野心のため家族を裏切る者と考えていた。
well kycilia was very loyal--to their father and the family--she believed gihren to be a traitor to the family in it for himself alone above all others.


↑のコメントへの返信
言っていることはわかるが、あの旗は明らかにナチスの旗をベースにしている。
Sure but the flag is CLEARLY based on a Nazi flag.



・シャルル・ジ・ブリタニアもまたヒトラーの尻尾だな。

Charlse Zi Britannia is also following Hitler's footsteps as well.

footstep=足跡 歩み 足音 ※ただここでは「尻尾」と訳しました。

あわせて読みたい!
【コードギアス】シャルル・ジ・ブリタニアの演説に対する海外の反応【人は差別されるためにある!】


↑のコメントへの返信
いや、シャルル・ジ・ブリタニアはダーウィニズムの支持者で君主制主義者だがナチス(ドイツ社会主義者)ではない。それよりハーバート・スペンサーの支持者と言ったほうが近い。
no, Charlse Zi Britanni is a darwinist monarchist but not a nazi (german socialist), he is more like a herbert spencer follower.

ハーバート・スペンサー(Herbert Spencer、1820年4月27日 - 1903年12月8日)は、イギリスの哲学者、社会学者、倫理学者。チャールズ・ダーウィンの『種の起源』を読み、そこで表現されている自然選択説を適者生存(survival of the fittest)と言い換えた(『生物学の原理』(1864 ))ことで知られる。スペンサーは適者生存を生物の進化に限らず、社会学や倫理学にも応用して議論を展開した。


↑↑のコメントへの返信
というよりシャルルは社会進化論支持者。
Charles is more of a Social Darwinist.



・正直、ジオンの独立運動はいい考えだったし、地球連邦の多くは腐敗していた。それからさらに宇宙世紀という時代を知るにつれ(特にユニコーンとThe Origin)、ますますジオンの独立は良い考えだと思うようになっていった。だがその独立の指導者が戦争犯罪人やサイコパスしかいなかったのが残念だ。
シャアの父親ダイクンが生きていたら戦争をすることなく話をうまく進められたのではないだろうか?
Honestly  the zeon indepence movement was a good idea and alot of the federation was corrupt.  After seeing more UC era shows (especially unicorn and origin ) I started to see zeon more as a good idea  its just unfortunate that its leaders were war criminals and psychopaths  . I do wonder if deikun  , chars father would of done things better maybe without war


↑のコメントへの返信
このシーンはザビ家が邪悪でなければ全てがうまくいっていたという暗示のようにもみえる。
that seemed to be the implication--that everything would have been fine if it weren't for the profound evil of the zabi family.



・それでもジオンのファンボーイたちはあいかわらずいる。
And yet Zeon fanboys are still a thing.


↑のコメントへの返信
ジオンの制服、モビルスーツ、戦艦の見た目は連邦よりもカッコいいからね。
あとみんなが一番最初に見るモビルスーツはファーストのザクだ。
自分は機動戦士ガンダムバトルオペレーション2を何百回もプレイしてきたが、機体はずっとジオンで一貫している。

鉛玉を喰らえ連邦のクソ野郎!

ジーク・ジオン!
Zeon uniforms, mobile suits and ships are more visually appealing. Zaku is the very first mobile suit you ever see in the first series. I've played hundreds of matches in Mobile Suit Gundam Battle Operation 2..and I've always piloted Zeon suits.
Eat lead Fedscum!
SIEG ZEON!

バトルオペレーション2はこちら


Fedscumが最初よくわからなかったけど、fed(eration)=連邦、scum=クソ野郎を組み合わせた造語ですね(たぶん)。作中の翻訳でも公式に使われているのだろうか?


↑↑のコメントへの返信
その指摘全ては主観的なものだ。個人的にジオンより連邦のモノのほうが好きだな。さらに言うと、もしジオンのほうがカッコいいとしても、彼らがたいした理由もなく酷いことをした事実は変わらない。
All of your points are subjective. Personally I like the Federation's stuff more than Zeon's. Besides, even if you find them cooler, it doesn't change the fact that they did a lot of horrible shit for no good reason.


↑↑↑のコメントへの返信
コロニー落としで数百万人の人々を殺した。自分はジオンの側につくことはできない。独立したいという気持ちは尊重するがその後はどうなった?ジオンなどクソくらえだ。
地球連邦は今までの行いに対する報いを受けるべきだし、真剣にその組織内部を浄化しないといけないが、過去100年以上の間でそのようなメンタリティや態度は失われてしまったようにみえる。
After the dropping of colonies and killing millions-billions, I can never side with Zeon. I respect wanting independence but everything after that? To hell with Zeon. The Federation needed a good kick in the balls and a serious cleanup internally but it appears that sort of mentality and attitude has been lost to them over the past 100+ years.

kick in the balls=直訳だとキンタマを蹴り上げるという意味ですが、酷い行いに対する厳しい罰という意味もあります。


↑↑↑のコメントへの返信
連邦のクソ野郎の機体は醜く実用的でもない。ジオンの機体はめちゃセクシーかつ連邦よりもはるかに実用的なデザインをしている。
オーストラリア人が何人死のうがどうでもよくね?
Fedscum suits are ugly and not practical. Zeon suits are sexy as fuck and much more practically designed. Who cares if millions of Australians died?

これみてグーグル先生さすがだなと感心したww
rf (1)

ちなみに飽和状態と思われていた「海外の反応 火垂るの墓」で検索すると自分のブログが2位にくる!
グーグルはできておる喃(これって見るブラウザ(PC)によって順位変動するんだっけ?だったら喜んでカッコ悪いけどw)
rf (2)

あわせて読みたい!
【映画】火垂るの墓に対する海外の反応 外国人「映画が終わったあと泣きすぎて吐いた」



・子供向けのカートゥーンでヒトラーを例にたとえるキャラクターを登場させるのは、かなり尖っているな。
a cartoon intended for kids likening characters to Hitler, way edgy.


↑のコメントへの返信
全部見てくれ、子供向けに作られたシンプルなストーリーのスターウォーズよりもずっといいものだから、ただスターウォーズはヒットしたけどね。
See all of them. Better than Star Wars.Star Wars had a simpler story and was for kids, but it was a hit.





・ギレンのことはさておき、ジオンは全体的にはナチス・ドイツと帝国時代の日本、この2つを組み合わせたもの。
Gihren aside, Zeon in general is half Nazi Germany and half Imperial Japan.


↑のコメントへの返信
スターリン主義に染まったロシアとも多くの共通点がある。

I would say they have much in common with Stalinist Russia too.


↑のコメントへの返信
ジオンはドイツとユダヤのシオニストを組み合わせたものだと自分は思っている。ジオニックの機体にはヘブライ語の名前がついているものも多いし、ジオンのパイロットはユダヤ人のラストネームがついている者も多い。
そしてザビ家のイデオロギーである「自分たちこそが地球を支配する選ばれた民」という考えは、シオニズムのそれにとても似ているし、ユダヤ人たちは自分たちが神に選ばれた民であると信じている。
I'd actually say Zeon is actually half Germany, half zionist jewish, as many zeonic suits have hebrew names, many zeon pilots have jewish last names, and the ideology of the zabis, where they believe they are the chosen people to rule over the earth sphere, is very similar to zionism and the jewish belief that they are god's chosen people.


↑↑のコメントへの返信
ナチスとボリシェヴィキの組み合わせなんじゃないか。
I guess that makes them half Nazi half Bolshevik.

ボリシェヴィキ(ロシア語: большевики、bol'sheviki、「多数派」の意)は、ロシア社会民主労働党が分裂して形成された、ウラジーミル・レーニンが率いた左派の一派。ボリシェビキ、ボルシェヴィキ、ボルシェビキとも呼称され、戦前の日本国内おける刊行物等の資料では、ボルシエヴィキー、ボルシエヴィキなどの表記が用いられている。単数形はボリシェヴィク(большевик)。
wiki


↑↑のコメントへの返信
帝国時代の日本もまた神に選ばれたと言っていたよ・・・
Imperial Japanese also claimed to be divinely chosen...


↑↑のコメントへの返信
「支配民族」「神に選ばれた民」「上位カースト」「マニフェスト・デスティニー」・・・テーマにそって名前はいくつもあるよ
"The master race", "God's chosen people", "the superior caste", "Manifest Destiny"...all variations on a theme.

all variations on a themeがうまく訳せたかちょっと疑問だけど、ここで言いたいのは「どこの国も似たようなこと言ってるよ」ってことかな?

マニフェスト・デスティニー(英語: Manifest Destiny)とは、元々はアメリカ合衆国の西部開拓を正当化する標語であった。「明白なる使命」や「明白なる運命」、「明白なる大命」などと訳出される。「文明は、古代ギリシア・ローマからイギリスへ移動し、そして大西洋を渡ってアメリカ大陸へと移り、さらに西に向かいアジア大陸へと地球を一周する」という、いわゆる「文明の西漸説」に基づいたアメリカ的文明観である。
wiki



・機動戦士ガンダム:ヒットラー多すぎ
Mobile Suit Gundam: Too Many Hitlers

他いたっけ?



・戦争挑発屋一家
The warmonger family

warmonger=戦争を挑発する政治家 主戦論者


↑のコメントへの返信
ガルマを巻き込まないでくれーデギンが言うにはザビ家で血に餓えていないのは彼だけだった。
leave Gharma alooooneee. he was the only one stated by Degwin who wasn't blood thirsty


↑↑のコメントへの返信
シャアを純粋な友人だと思っていた哀れなやつ、ちょっとばかりお子様すぎたな
He was a little bit too naive though, poor bastard thought Char was genuinely his friend.


↑↑のコメントへの返信
あとドズルも悪人じゃないと思う・・・・部下が逃げるための時間稼ぎをしながら、部下に退却を命じる邪悪な指揮官などいない・・・大抵の場合、そういう指揮官は部下に戦場で死んでこいと言いながら、自分は危険を察知して逃げ出すんだ😏
I think dozle not really evil too.... No EVIL Commanders ordered his soldiers to retreat meanwhile he's gonna buying some time to make his soldiers escaping from battlefield.... Usually evil commanders let his soldiers die on BATTLEFIELD and he's running away to save his own ass 😏



・この動画の終わり、映画版ではデギンのセリフが違っているし、自分はそっちのほうが好きだった。
「ヒットラーは身内に殺されたのだぞ!」
At the end of this clip, Degwin has a different line in the movie version, one that I actually like better:  "Hitler's own followers ended up trying to kill him!"


↑のコメントへの返信
映画版>テレビ版、いつだってそう。
Movie version > TV version, every time.

そこは色々と議論の余地がありそう

ちなみに映画版はこれです



・デギンとギレンは宇宙戦士バルディオスのガットラーを作るためのインスピレーションを与えたのだと思いたい。
I like to think that both Degwin and Gihren were the inspiration for Gattler from Space Warrior Baldios.

ゼオ・ガットラー
声 - 青野武 / 柴田秀勝
元S-1星皇帝の親衛隊長で現アルデバロン総統。38歳。S-1星人移民のため地球侵略を開始する。力が全てであるという、いわゆる独裁者タイプの人物ではあるが、有能であると認めた人物は積極的に登用する一面も持つ。また私利私欲ではなくS-1星全人民の命運を賭けた戦いを指揮しているという自負も持っている。
wiki




・だから歴史を知ることは重要なんだよ、Mr.ギレン・ザビ😃
And thats why history lesson are important  Mr.Gihren Zabi 😃



・おいおい、ガンダムにおける悪役は一体誰なんだ?
Gee I wonder who are the villains in Gundam


↑のコメントへの返信
ザビ家が悪役ってことになっているけど、ときどき彼らの良い面も描く。宇宙世紀を舞台にしたガンダムにおいては善人も悪人もいない。
The Zabi family are villains although they do show their good side sometimes so yeah, nobody is good or evil in the UC Century Gundam media









おわりに

自分の記憶だとガルマ・ザビは「諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ、なぜだ!?」「坊やだからさ」を言うためだけに作られそして消費されたキャラクターって感じだったのですが、前回も含めて海外の反応読んでいたらなんだかすごく可哀想なやつに思えてきた・・・・RIP ガルマ

前回の記事
ギレン・ザビ「諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ、なぜだ!?」シャア「坊やだからさ」に対する海外の反応

ジオン=ナチス・ドイツがモデルっていうのは以前からなんとなく知っていたけど、日本が関係しているとは今まで考えなかったのですが、前回記事を書くにあたり色々調べ物をしているときにジオンのモデルは日本とドイツというコメントをいくつか読みました。

そうしたコメントを読んだ直後に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を見たせいか、冒頭でジオン・ズム・ダイクンが「私は明日ゴルゴダの刑場へ引かれるんだ そして十字架の上から世界に告げるんだ」と言っているところを聞いて、下の松岡洋右の演説がちょっと頭をよぎった。
「人類はかつて二千年前、ナザレのイエスを十字架にかけた。しかも、今日、どうであるか。 諸君は、いわゆる世界の世論なるものが誤っていない、と保証できようか。
われわれ日本人は、現に試練に遭遇しつつあるのを覚悟している。 ヨーロッパやアメリカのある人びとは、いま二十世紀における日本を十字架にかけんと欲しているのではないか。
諸君!
日本はまさに十字架にかけられんとしているのだ。
しかし、われわれは信ずる。固く固く信ずる。わずか数年ならずして、世界の世論は変わるであろう。 しかして、ナザレのイエスがついに世界に理解されたごとくに、われわれもまた世界によって理解されるであろう、と」
松岡洋右、国際連盟総会で「十字架演説」


そういう意味ではやっぱり日本もモデルなのかな、ジオン公国の人口が1億5000万というのもなんだか微妙にシンパシーを感じるしww

本来松岡洋右は三国同盟からソ連も加えた四国同盟によってアメリカとの対等な関係を築こうとしていたのに「世界を読みきれなかった男」のせいでおじゃんになってしまったのが残念、まあ「世界を読みきれなかった男」を読みきれなかった時点で彼の責任なんだろうけど

記憶があやふやなのでどこまで史実とあっているかはわかりませんが、自分の知識はたしか「その時歴史が動いた」からきてます。

そして「なんかよくわからんけどカッコいいから俺も英語できるようになりてー」って思ったのも英語を勉強しようと思ったキッカケの1つ


あと、このエピソード好き
アメリカで過ごして

数十年ぶりに米国の留学先を訪れた際、「余はかつて人生の発育期をこの地で過ごし、生涯忘れべからざる愛着の情を持つに至った」と発言している。

終戦を迎えたある日、松岡のもとに出入りしていた新聞記者が、アメリカ人はどういう人間か聞くと以下のように述べた。
「 野中に一本道があるとする。人一人、やっと通れる細い道だ。君がこっちから歩いて行くと、アメリカ人が向こうから歩いてくる。野原の真ん中で、君達は鉢合わせだ。こっちも退かない。むこうも退かない。そうやってしばらく、互いに睨み逢っているうちに、しびれを切らしたアメリカ人は、拳骨を固めてポカンときみの横っつらを殴ってくるよ。さあ、そのとき、ハッと思って頭を下げて横に退いて相手を通して見給え。この次からは、そんな道で出会えば、彼は必ずものもいわずに殴ってくる。それが一番効果的な解決手段だと思う訳だ。しかし、その一回目に、君がヘコタレないで、何くそッと相手を殴り返してやるのだ。するとアメリカ人はビックリして君を見直すんだ。コイツは、ちょっとやれる奴だ、という訳だな。そしてそれからは無二の親友になれるチャンスがでてくる。」
wiki