どうもカゲロウです。

そういやブロッケンJrの海外の反応が気になったのでやってみましたw

ed







海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)

・シュトロハイムVSブロッケンJrを見れるならマジで金払うぞ。
I would pay real goddamn money to watch Stroheim vs Brocken Jr.


↑のコメントへの返信
あるいはシュトロハイム/ブロッケンJrのタッグチーム、そのチームの名前も思いついた・・・セカイイチィィィ!
Or even better..a Stroheim/Brocken Jr tag team. I got a name for the team too...SEKAI ICHIII!


↑のコメントへの返信
あとDIOVSペンタゴン
 and DIO vs pentagon

ペンタゴンってそんな象徴的なキャラクターだったっけ?


あわせて読みたい!
(ドイツの科学は世界一ィィィ)ルドル・フォン・シュトロハイムに対する海外の反応(ジョジョの奇妙な冒険)

(ザ・ワールド)外国人「DIOのセリフを日本語(オリジナル)と英語(吹き替え)で聴き比べてみよう!」(The World)



・なあ・・・ブロッケンJrって「ナチス」というより、単にナチスをテーマにしたレスラーなんじゃないかな。
Guys...maybe Brocken Jr. isn't a "Nazi" so much as simply...a Nazi-themed wrestler.


↑のコメントへの返信
ブロッケンJrはナチスの父親に育てられた。それはもう変えようがないことだ・・・そして彼もまたナチスになるように育てられた。実際、登場後少しの間はそういうナチスの考えを持っていた。その後明確に心変わりしたが。
He was raised by a Nazi father is what it is...He was raised to be a Nazi and held many of their beliefs for a bit after he was introduced. He changed though, obviously.


↑のコメントへの返信
彼はナチスではない。彼があのユニフォームを着ているのは父親への敬意を示すためだ。
He is not nazi. He had that uniform in respect to his father.


↑のコメントへの返信
彼はナチス、ナチスであっても良いやつがいるということだ。
Hes a nazi still you guys hes just a good nazi


↑のコメントへの返信
ブロッケンJrは父の死を偲んで腕章に鉤十字を付けているが、それ以外に父親がしていたようなナチスの信念を誇示するようなことはしていない。彼があの制服を着るのも同じ理由からである。だが彼がドイツ鉄十字を身に着けているのは祖国ドイツへの忠誠を示しているからだ。
Brocken Jr. Wears a swastika on his arm band in remembrance of his father, but other than that he really exhibits none of the nazi beliefs that his father Brockenman seemed to exhibit. He wears the Uniform for much of the same reason, though he wears the German Iron Cross on it to show where his allegiance actually is.

ブロッケンマンとブロッケンJrってそんな関係だったっけ?「ドイツの悪役ならナチスっぽくすりゃいいんじゃね?」ぐらいの感覚だと思ってたけど

allegiance=忠誠 義務 誠心 誠実






・シュトロハイムの前に、ブロッケンJrがいた。

before there was stroheim, there was brocken jr.



・ブロッケン、日本以外で放送されなかった主な理由がこれだ。いまだに本当に残念に思う。
The Brocken's, the main reason why it never got released outside Japan. Still, such a shame.


↑のコメントへの返信
実のところ日本以外でも放送されたよ。スペイン語圏の国ではだけど
actually it do it o3o but in spanish country´s

in spanish country´sをin spanish countriesに直すと「スペイン語圏の国」でしっくりきそうですが、in spanish country´sが誤字ではないとすると訳を間違えているかもしれません。


↑↑のコメントへの返信
インドネシアでも放映されたよ。
its get released in Indonesia


↑↑のコメントへの返信
フランスでも放映されたが速攻で中止になった、理由はわからない(笑)
Released in France too, but they stopped it pretty fast, don't know why lol


↑のコメントへの返信
もしかしたらストーリーに大きな影響を与えず、それをうまく回避する編集ができたかもしれない。
maybe in tiem with some editing they could get around it without effectign the story too much


↑のコメントへの返信
スワスティカをドクロや鉄十字に変えるかとか考慮してくれたら良かったのに・・・他のカートゥーンにでてくるドイツ兵士がそうであるように
I wish they would've thought to just swap swastikas with skulls or iron cross'...like every other cartoon does with German soldiers...>_>


↑のコメントへの返信
それよりも遥かに大きな理由がたくさんある。
その1つとして、この作品には翻訳するのが難しいユーモアがたくさんある。
There were WAY more reasons
The series for one has a lot of humor that is hard to translate
As well as a lot of toilet and sex references that would of made this get butchered so bad

As well as a lot of toilet and sex references that would of made this get butchered so badがよくわからなくなかったのでカットしました。


↑↑のコメントへの返信
結局のところブロッケンはナチス、良いやつだろうがナチス、そしてそれは絶対的、全面的にダメなことなんだ。だから自分はブロッケンが理由の1つという言い方ではなく、主な理由と言ったんだ。
90年代なら咎められることもなく済んだ可能性は高いが、今は違う。それは疑いようがないことであり残念なことでもある。自分はずっとこのオリジナルの吹き替え版を好きでありつづけるだろう。あと二世は最高だった。
I said main,not single reason because it still is, the end of the day Brocken is a nazi, a good one but a nazi and that is just a big no across the board.
Back in the 90's more would have likely been allowed to slide but now a days, there's no doubt, which is a shame, I would still love a dub of the original, Nisei was awesome.

唐突な二世(Nisei)がちょっと意味不明だった・・・


↑のコメントへの返信

このアニメは日本で30年前に放映されたものだ。当時多くの日本人はナチスに興味もなかったし、世界の人々は日本のアニメのことなど知らなかった。このアニメが海外で販売されないのはそれが理由だ。
This anime was broadcasted on TV thirty years ago.Then most Japanese were not interested in Nazi.And then people of the world did not know about Japanese anime.That is the reason which did not release this anime.


↑↑のコメントへの返信
キン肉マンはフランスで放送されていたが、ブロッケンJrと彼の明らかにナチスを象徴する部分のせいで50話あたりでマンガもアニメも販売禁止になった。
There's always been the odd show, its just a lot more mainstream now compared to a movie once a year but not entirely true, Kinnikuman was aired in France, they only did about 50 eps until banning both the show and manga because of Brocken Jr and his clear Nazi symbolism.

There's always been the odd show, its just a lot more mainstream now compared to a movie once a year but not entirely trueがどうしてもわからなかった・・・わかる方いたら教えて下さい(あともうちょっとでわかりそうなモニョモニョ感があって30分以上無駄にしてしまった)。

下の記事を書いたときラテン・アメリカでも52話で打ち切りになったというコメントを見かけましたが、フランスでも50話ぐらいで打ち切りになったようですね。調べたところ56話がブロッケンJrVSミスター・カーメンなので、キン肉マンと同じ正義側に立ってブロッケンJrが戦うという描写がNGだったのだろうか?と邪推してしまったw


エピソードの検索はこちらから






・彼はナチスというより並行世界におけるナチスだった。アジアにおけるスワスティカにはいい意味がある。
he was more like a paralel universe version of a nazi.for asia swastica has a good meaning.


↑のコメントへの返信
スバスティカは実のところ仏教の象徴だったりする。
The svastika is actually a buddist simbol.



・このアニメがフランスで放送禁止な理由!
The reason why this anime is banned in France!


↑のコメントへの返信
うん、放送禁止になったのはまさにこれが唯一の理由だよね。みんな知っての通りブロッケンJrのせいでまたたく間に放送中止になってしまった。
フランスのAB社はキン肉マンを放映前に見たことも調べることもしなかったんじゃないかな。
まあとにかくフランスでも「Muscleman」のファーストシーズンの一部に関しては見かける機会はたくさんあった。いつかフランス語吹替版のDVDがリパックされたものがインターネット上で見れる日が来るといいな(フランス、ベルギー、スイス、カナダの人たちのためにもちろん日本語吹替+フランス語字幕もいれてね)
Yep, and that's the only one reason. They stopped pretty fast the tv show just about that, as everybody knows... I think "AB" the french company never seen or checked the original material before introduce Kinnikuman in France ah ah
Well, anyway we had a lot of chance to see a part of the first season of "Muscleman" in France :) I hope to see a nice french dvd repack on Internet on day... Including the french dub just for fun (and the japanese original dub of course, with french subtitles for every people in France or Belgium, Switzerland or Canada).

フランスのAB社がよくわからなかった。これのことかと思ったけど出来たのが1995年なのでちょっと年代がズレている気もする。



「ベルギー、スイス、カナダってフランス語圏なのか?」と思ったらまあまあそうらしい。




・今になってワールドヒーローズにいる同名のキャラがどこからインスピレーションを受けたのかがわかった。
Now i know the inspiration for the homonymous  World Heroes character.


↑のコメントへの返信
間違いない!
Absolutely! ;)





・元々、あれは生命を与える太陽を象徴するものだったと記憶している。
自分はブロッケンJrの出自など全く気にしない。それよりこのコメントで言いたいのは、俺達は全員、ナチス=悪と認識していて、このような他の国の仲間が戦いで死ぬところを見て泣くナチスというキャラクターを今まで作り出すどころかおそらく考えようとすらしなかった、前代未聞のキャラクターだということだ。
ブロッケンJrのスワスティカはドクロに変更になった聞いた(それもナチス親衛隊のシンボルなんだけどね、まあそっちは羽のついたドクロだが)
It was a symbol of sun, which gave life - I know. I never minded Brocken Jr. origin - my comment was more that no one else would probably even consider making such character. We all know Nazi=Bad, so making a Nazi who cries when his comrades from another countries fall on the line of duty is something that was never done before. Heard they censored swastika and changed it to a skull for Brocken Jr. (still a symbol of SS, though it was skull with wings)

たぶん最初のあれ(it)は、鉤十字、ハーケンクロイツ、スワスティカのことだと思います。


↑のコメントへの返信
トーテンコップに羽はないよ。トーテンコップは普遍的ともいえるドクロに骨が交差するやつで多くの国、無法者たちの間で使われてきた。
ウォーハンマー 40,000のやつと混同しているのかも。
あっちには羽を広げたドクロのシンボルがあるけど、あれはおそらくアクイラとトーテンコップのクールな組み合わせだろうね。
The totenkopf was never winged. It's a pretty universal skull and crossbones symbol that was used by many many countries, people and outlaws.
You may be confusing it with Warhammer 40k.
Warhammer 40k has the winged skull symbol, which is likely a rule of cool combination of the Aquila and the Totenkopf.

色々その国の歴史や文化があるんだろうけどなんでよりにもよってこんな自ら悪役であることを自負しているかのようなデザインを紋章にしたんだろうw

トーテンコップ(ドイツ語: Totenkopf、ドイツ語発音: [toːtənkɔp͡f])は、ドイツで伝統的に用いられている髑髏を模った紋章である。現代では、特にナチス・ドイツ時代の親衛隊の帽章として知られている。この言葉自体はドイツ語で髑髏を意味し、カナ転写するとトーテンコプフとなる。

アクイラまたはアクィラ(Aquila)(Aquira)は、ワシ(鷲)を意味するラテン語・イタリア語の単語。アキラと表記されることもある。
wiki
















おわりに

ブロッケンJrはあんまり強くないのに(失礼)強い奴らに立ち向かうところが子供時代に見ててカッコよくて好きだった。強さ的にはウォーズマン>>>ラーメンマン>>>>>>ブロッケンJrなイメージ。

あとただの手刀にしか見えないのにベルリンの赤い雨っていう少年漫画っぽくない厳粛さのある技名でカッコよかった。

なにぶん昔のことなので記憶違いがあるかもですw

そういえば「キン肉マン 海外の反応」で検索したらこんな記事がヒットしたのでアジア圏ではOKだったのかな?






これの海外の反応があったら教えて下さい。間違いなくやることを保証します!!