どうもカゲロウです。


この人名前なかったのか・・・・








海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)

・ハンター×ハンターには5分後ぶち殺されるためだけに特定のキャラクターを煽りに煽って持ち上げるという特技がある。
Hunter x Hunter has this special ability where it hypes up certain characters are introduced just to kill the shit out of them 5 minutes later


↑のコメントへの返信
そうやって紹介された人よりもさらにすごい人間がいることを示す、言い換えるとどれだけクロロが強いのかと視聴者をワクワクさせる効果がある。
 Its to show there is always someone better out there or hype how powerful people like Chrollo are


↑のコメントへの返信
そういうところもハンターハンターが他とは一線を画すものにしている特徴の1つだよね(笑)
 That's one of the thing that makes it special. lol


↑のコメントへの返信
その例にピッタリあてはまるのがカイト。
the perfect example of that is kite



・キメラアント編がこのバージョンで描かれたらと想像してみよう・・・

imagine this version of the Chimera ant arc...


↑のコメントへの返信
Oooh、このバージョンでゴンがブチ切れるところが是非みたい。
Oooh, I would love seeing gon losing his shit in this version



・マジであのインドアフィッシュの元の持ち主がどういう人間だったのか教えてほしい。すごくカッコいい能力だと思う。

Honestly I wish we'd be introduced to whoever is the original owner of indoor fish, it's a pretty cool ability.


↑のコメントへの返信
すごくカッコいい、うん・・・だが、あれの使い所が全くわからない。戦闘能力のあるタイプにも見えないし、痛みを感じないから拷問に使うこともできないだろうし
あれってどんな意味があるの?
Pretty cool, yes... But I never figured out it's utility. It doesn't look like a combat ability, and can't be used to torture someone because the victim won't feel pain.
What's the point of it ?


↑↑のコメントへの返信
あれ戦闘ですごい使えると思ったよ。自分の推測だとあの魚はそれ自身が戦闘中の助っ人になるんじゃないか。
それにこの暗殺者が動けなくなっているのを見ればわかるように、被害者は痛みを感じないといっても身体の部位自体は失っていくわけだしね。
 I think it is pretty useful in combat. From what I deduced, the fish itself can be a companion in combat. While the victim may not feel pain, they still lose parts of their body, as we can see this assassin can no longer move.

deduce A=Aを推定する[推測する・推理する]


↑↑のコメントへの返信
例えば対象が寝ているとき、あの魚なら音もなく人を消すことだってできる。目的によって使い方は変わるが、もし(密室で)戦うならこんな風に相手の手足をもぎとったりして不利な立場に追いやることもできる。あの魚の弱点を相手が知らない限り、彼らがそれに対処する術はない。
The fish can be used to make someone disapear whitout making to much noise, while they're sleeping for example, depends on your purposes tho and yee if ya fighting (in a closed room) you can rip your opponents limbs off and handicap them this way, as long as they dont know the weakness of the fishes they're pretty helpless against it

あれなにに使うんだ?って自分も思ってたけど言われてみると痛みを感じないなら暗殺用としては有能なのかも?




・このシーンが自分が初めて見たハンターハンターだ。そしてそこから一気にハマった。
This scene was the first thing I saw of HxH, and boy, it got me hooked.


↑のコメントへの返信
自分はこれが最初じゃないけど気持ちはわかる。
this was not the first scene I saw, but felt same


↑のコメントへの返信
幻影旅団編にはとてつもない衝撃を受けたのを覚えている。個人的にはこの話がハンターハンターの中で一番好き。
 I remember how blown away I was by the whole phantom troupe arc. Best part of the entire series in my opinion



・2011年版は洗練された感じだが、1999年版はフィルム・ノワールのようなハードボイルドな感じで大好き(あとクロロの顔が2011年版よりもさらにカッコいい・・・)
2011 version is delicate, but this is hardboiled, like film noir. I just can't love it more. (and Chrollo's face is far more handsome than 2011...)

hardboiledには、ハードボイルド以外にも「無情の」「非情の」「現実的な」という意味があります。あとそのまま直訳の「固茹で」という意味もあります。
フィルム・ノワール (film noir) は、虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画 を指した総称である。
狭義には、1940年代前半から1950年代後期にかけて、主にアメリカで製作された犯罪映画を指す。


↑のコメントへの返信
その通り、1999版のクロロが最高、本当にカッコいい。
so true. Kuroro's 1999 version is the best and is really handsome


↑のコメントへの返信
一番好きなクロロは漫画のクロロ・・・ハンサム&デンジャラス
My favorite Chrollo is manga Chrollo... handsome AND dangerous



・ウヴォーさん、聞こえますか?俺たちからあなたへのレクイエムです。
ubo-san, can you hear it? this is our requiem to you.


↑のコメントへの返信
うん、だがレクイエムなんてちっとも聞こえないぞ、2011年版を見よう。
Yeah but I don't hear any requiem. See 2011 seriez.

言われて知ったけど2011年版はモーツアルトのレクイエムが使われています。



↑↑のコメントへの返信
2011年版もお前もレクイエムの概念を誤解している。
銃声、人々の叫び、爆発音こそがウヴォーへのレクイエム(ウヴォーが戦いや争いが好きだったから)。音楽のことじゃない。
2011 ver and you misunderstood the concept of requiem.
The sound of gun fire, people screaming and big explosion are requiem for Uvo(cuz he likes fighting and war). Not actual music.



・こっちの旧バージョンのほうが芸術的な観点から見て洗練されているし緊張感がある、そして音楽はより感情に訴えかける。
CGアニメーションの素晴らしさを見れば、機材や人材という意味において新バージョンのほうが充実しているのはわかる。しかしながら、キャラクターの見た目については旧バージョンのほうが勝っている。こっちのほうが表情がより深みがあるし身体や線の描き方が洗練されている。それとこっちのほうがより漫画により近い。冨樫義博はときどき手を抜いたりすることもあったりするけど、彼の漫画は文句のつけようがないほど美しい。
The artistry is more refined in the older version, the atmosphere is tenser, and the music has more feeling. I do see that the newer version had more backing in terms of equipment and manpower, since the cg animation is much better. However, the old version wins in terms of actually look of the characters. They have much more depth of expression and have nicer lines and shapes. Also, they are closer to the manga version, and the manga is just gorgeous in any sense, though it does not show Togashi Yoshihiro's full potential at times.


↑のコメントへの返信
それはつまり2011年版よりこっちのほうが素晴らしいって言ってるのか?クソ野郎。他のシーンならそれも理解できる。だがここの部分に関しては2011年版が最高だ・・・ハンターハンター的にという意味だけでなく、アニメ的にという意味でもね・・・これはおそらく史上最高のアニメシーンの1つ・・・あのレクイエムとその後のクロロが予言の占いを暗唱しながら起こる旅団による暴動・・・1999年版は2011年版と比べたら全然かなわないよ
you mean that this scene is better in this version than the 2011? fuck man, i can understand other scenes, but this particular one takes the cake in 2011... not only hxh wise, but anime wise... it's probably one of the best anime scenes ever... the requiem and then riot as he recites the passage of the prophecy and the credits fall as mayhem ensues... this has NOTHING on the 2011 version

the credits fall as mayhem ensuesがよくわからなかったのでカットしました。

↑↑のコメントへの返信
いや、1999年版が緊張感と冷たさをあわせもった魅惑的な雰囲気をもつのに対し2011年版はただ粗野で洗練されていない現代アニメという感じ。
2011年版と比べ、1999年版は全体的に成熟したシックなできなので、ここのシーンも無理やり入れたようなツギハギ感がなくうまくできていた。2011年版だと、前後の流れをぶったぎっていきなりクラシック音楽を入れるという陳腐な出来で、それではここの場面にあるべき深刻な感じが表現できておらず説得力がない。
両者を注意深く比較した結果、ここの場面は、深刻さを必死に水で薄めたような現代アニメの2011年版と比べ1999年版の方がより深みがあるものだと確信している。
自分は2011年版そのものに対しては評価しているし愛している。だが1999年版のほうが美しい流れのある繊細で緻密なアニメだよ。
no. the art is just crude unrefined modern anime, while this one has the tense atmospheric cold magical feel, and the overall classiness and maturity of the 1999 anime compared to the 2011 gives this scene a nice touch, because it didn't seem forced. In the 2011 version, they just randomly threw in cheesily conducted classical music into an anime that has much less of the seriousnes, that it needs, to pull it of convincingly. So yeah, I am fully convinced from my understandings and careful considerations that the 1999 version shows more depth, with comparison of the more watered down try-hard modern anime style. I appreciate and love the 2011 version for what it is, but the 1999 is a very subtle and precise anime with a beautiful flow.

まだこれに対して再々反論と続いていくのですが、疲れたのでこのへんで失礼します・・・・あと訳も大まかには当たっている自信はもちろんありますが細かいニュアンスは間違えているかも



・この旧アニメのほうも好きだけど、自分的には新アニメのほうが強く印象に残ったと言わなければならない。
As much as I liked this scene, I have to say the one from the new anime left a bigger impression on me.



・2011年版しか見たことないし、インドアフィッシュは2011年版のほうが好きだけど、あの暗殺者が魚に食われるところの演技は最高だった。ああいう1999年版の繊細な演技を好む人がいるのは理解できる。
I only watched the 2011 one and prefer the 2011 indoor fish scene to this. But i can understand why some ppl like this more some of the subtle things like the assasins voice acting when he was being eaten by the fish amazing



・漫画だとこの男は腸や臓器などが身体から流れでていたな。

in the manga, that guys guts, intestines and all his organs left just poured out





・こういうところがあるから2011年版より1999年版のほうが好きなんだ。こっちの方がよりダークな雰囲気がある。
This is why I prefer the 99 version over 2011 any day.Damn the darker vibes.



・おお、このシーンは両バージョンとも見ててワクワクするね。
Man, this scene is hype in both versions.



・フェイタンは新しい声のほうが好き。こっちは変な感じがする。
I prefer Feitan's new voice. He sounds weird here.



・この暗殺者にはイライラしたな。それは彼がクロロとの戦いに負けたからじゃなくて、戦う前は落ち着き払って冷静だったのに、最後はクロロにメンタル崩壊されるところが見てて気恥ずかしくなってしまったから。
That assasin dude pissed me off, not because he lost but because he seemed calm cool and collected but then Chrollo mentally breaks him, so cringeworthy

ここ「イライラした」じゃなくて「ガッカリした」のほうが訳としてあいそうなのですが、調べてもpiss me offには「イライラする」「ムカつく」という意味しかないようなので上のように訳しました。もし「ガッカリする」という意味もあったら教えてください。

cringeworthy=非常にきまり悪い 恥ずかしい  戸惑わせる


↑のコメントへの返信
なぜ自身のスキルを過大評価している人を気恥ずかしいと思うんだ?そんなの世界中どこにだっている・・・みんな自分が世界の中心だと思っているからね。それにあの状況下なら誰だってメンタル崩壊するよ。
Why do you consider someone overestimating their skills to be cringeworthy? It happens every day, all over the world... Everyone thinks they are the star of the world. And anyone would break under that situation.

the star of the worldがよくわからなかったので文脈から「世界の中心」と訳しました。


↑のコメントへの返信
つまりお前は生きたまま身体を食われ、破片しか残っていないような状況でも冷静でいられるんだな?本来なら死んでいてもおかしくない状況で?俺にはできないね。
So you would stay calm while being eaten alive, only pieces left of you? Even though you should be dead? I think not.


↑のコメントへの返信
まあクロロが念を使う一方で、あの男はナイフしか使っていなかったから・・・
I mean, Chrollo was using Nen and the guy was using a Knife...


↑↑のコメントへの返信
あの男は念を使えるぞ、漫画ではオーラがでていた。
That guy uses nen, it showed his aura in the manga


↑↑↑のコメントへの返信
おーそうだった。
 Oh, right.

まあクラピカさんのお墨付きだし念ぐらいは当然使えるでしょう。
ede


・クロロ・ルシルフルを獲物呼ばわりするとかこの男自惚れすぎだろ🤓
The guy was way to overconfident that Chrollo Lucilfer was his prey 🤓







おわりに

言われてみると確かにカイトとこの団長の手刀を見逃さなかった人は同じ役割を与えられたような気がしないでもないとか書いたら色々怒られそうだけどw