どうもカゲロウです。

今日は以前からやりたいと思っていたこのNever Moreに対するの海外の反応をやろうと思います。

いつものことながら曲の感想というより作品そのものに対する感想が多いですが、それではペルソナ4の名曲「Never More」に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


一応断っておくと実はこの作品パチスロでしか知らないです(ということで訳していてよくわからないところも多数あり、変な訳もあるかと思います)そういう点では輪るピングドラムと同じです。両作品ともカッコいい曲が本当多い。

関連記事
(ARB)輪るピングドラムの名曲「ROCK OVER JAPAN」の原曲に対する海外の反応 外国人「おい・・・呪怨の刑事じゃないか・・・」


ただ3000枚ぐらい出した日につい気が大きくなってサントラ買っちゃうぐらいのファンではあるのでお許しあれ(;^_^A

一応証拠画像
a









海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)

・このゲームをクリアした時、本当に悲しい気持ちになった。それはエンディングを見てとかこの曲を聞いてとかではなく、もう二度と初めてペルソナ4をプレイした時のようにプレイすることはできないことに気づいたからだ。
i got really sad when I completed this game. And it wasn't just the ending or the music. It was the fact that I would never play Persona 4 for the first time again.


↑のコメントへの返信
その気持わかる・・・
I know that feeling...


↑のコメントへの返信
これ基本的に素晴らしいRPGをプレイした時に毎回なるやつ。
This is basically me with every good RPG I play



・このゲームが終わる頃には登場人物たちがまるで本物の友人たちのように感じられたな。
By the end of this game, I felt as though the characters were real friends.



・この素敵なゲームが終わったとき心にポッカリと穴が空いたような気持ちになった。
自分は友達が1人もいないから、このゲームをプレイしていて本当に自分自身がゲームのキャラクターになって他のキャラクターたちと仲良くなれたような気持ちになったんだ。みんなで一緒に笑い、一緒にミステリーを解決し、神を倒す・・・だが、最後にはみんなとお別れをしなくてはならない、本当に悲しかった。けどこのゲームによって自分はすごく救われた。もう二度と味うことができない体験だった。
I felt so empty when I finished this beautiful game. I didn't have any friends, so this game really made me feel like someone else, I grew so close to everyone of the characters, we did so much together, we laughed, we solved the mistery and we defeated a God... But in the end I had to say goodbye to everyone, it was truly sad, but in the end this game helped me so much. It was an experience that can never be recreated.


↑のコメントへの返信
自分と同じだ友よ。このゲームにすごい愛着を感じる。
Same to me, friend. I have a great affection for this game



・最初にこのゲームをプレイしたときの感情はもう二度と再現できないし、体験することもできない。

You can never recreate or experience the feeling of playing this game for the first time


↑のコメントへの返信
うん本当にそこが最悪なところだ。
これは今までプレイしてきたゲームの中で一番好きなゲームになると思う。
他では決して味わえない体験ができた。
yeah man it really sucks. 
I consider this to be my most favorite game of all time. 
an experience unlike another

favoriteは日本語だとお気に入りと訳されていますが、本来的には「一番好き」という意味でfavoriteの中にすでにmostの意味が含まれているため、most favoriteは文法的には間違いです。ただネイティブの中にも上のようにあえてmost favoriteを使う人が結構いるようです。

参考記事




・素晴らしいゲームにある最悪な部分はそれが終わってしまうことだ。
worst part of a good game is that it ends


↑のコメントへの返信
It was fun while it lastedー喜多川祐介(ペルソナ5)
It was fun while it lasted - Yusuke Kitagawa (Persona 5)

この画像を見るにIt was fun while it lastedは日本語のセリフを英訳したものではなくて日本語オリジナルそのままのようですね。
d

ちなみに意味は
あのときはもう戻れはしないし戻りたいとも思わないけど最高に楽しい時間だった、という決まり文句的な英語です。
It was fun while it lasted.  どうゆう意味?? [Phrase]
ということらしい。






・今から1年以上前、生まれ育った街を離れ教師として低所得者層地域に赴任し、驚くほど素晴らしく、そして多様性をもった人たちと一緒に働くことになった。
そこで1人の女性と親密な関係になりそのせいで別れがとてもつらいものになってしまったが、その街を離れる最後の数日、この歌を思い出し気持ちが楽になった。というのも悠がそうしていたように、積み上げてきた努力、築いてきた絆は決して消え去ることはないし、この今まで過ごしてきた日々が自分をより良い人間に成長させてくれたことがわかったからだ。
ペルソナは自分の人生を変えてくれた。
More than a year ago now, I left the town I grew up in to work as a teacher in a low-income area. I worked with an incredible and diverse group of people, and became so close to one woman that it became very hard to leave. But in my final few days in the town, I remembered this song and let it comfort me. I knew, just like Yu does, that the effort I put in and the bonds I formed would never leave and have made me a better person. I've said it before and I'll say it again – Persona changes lives.


↑のコメントへの返信
これを悪魔を作り出すとかそんな不気味なシリーズの作品だと思っている人もいるかもしれないが、一方、自分はこのゲームから友人の作り方、決して壊れることのない絆の見つけ方を学んだというのが面白い。
It's funny people may think it's just this weird series about creating demons and shit but I actuality it's just about learning to make friends with people and finding bonds that will never break



↑のコメントへの返信
おいお前ペルソナの主人公だったか。
Dude you were a persona protagonist



・ちょうどゲームをクリアしたところで、今、心にポッカリと穴が空いてしまったようになっている。
I just beat the game. I feel empty.

アメリカ英語ではbeat the game(直訳:ゲームを打ちのめす)と書いてゲームをクリアするという意味になります。「クリアを打ちのめすと表現するなんていかにもアメリカ的だな」と一瞬思ってしまったけど、その発想にある種日本的ななにかを感じてしまうジレンマ。

世界標準語と呼ばれる英語であっても、国が変われば慣用句的な使われ方は変わる。アメリカではゲームをクリアすることを「beat」というが、ロンドンではそうは言わない。
それは当然である。アメリカでゲームをクリアすることを「beat」(打ちのめす)と呼ぶのは、アメリカには資本主義的な競争文化が深く根付いているからであって、イギリスでは「finished」(終わる)だとか「completed」(完結)なんて、アメリカに比べて控えめで実際的な言い方をする。
「ゲームクリア」を海外では何と言う?様々な言い方から文化的な違いが見えてくる



↑のコメントへの返信
数ヶ月前に自分もこのゲームをクリアした。ここ何年も味わうことが出来なかったような本当に深みのある体験をすることができた。だからその気持わかる。
I beat the game just a few months ago. It was a truly deep experience that I haven't felt in many years. I feel for ya



↑のコメントへの返信
ゲームを打ちのめしたが、空虚な気持ちに襲われてしまい、10倍返しでゲームに打ちのめされた。
Beat the game, but the game beats you back 10x with feeling of emptiness.

ここではbeatを打ちのめすと訳しました。



・自分は泣かない。もうたぶん十年ぐらい泣いたことがない。一方で自分の親友は好きなゲーム、映画、アニメのエンディングシーン
でよく泣いていたし、それを隠そうともしなかった。自分はそんな彼に密かにジェラシーを感じていた。というのも自分はあらゆる作品を体験しても泣いてしまうような特別な瞬間というのを(自分はそれを望んでいるのに)味わったことがなかったからだ。だが、この作品のエンディングシーン、クレジットが流れ始めたところで一気に涙が溢れでてきた。すごく気分爽快だった。これは自分がずっと忘れていた感情だ。そしてすぐに泣きながらその親友に電話し、このゲームがどれだけ素晴らしいものだったかを語っていた。
I never cry, I haven't cried in probably a decade, but my best friend, he used to cry at the end of every game/movie/anime he really liked and didn't hide it, so I started being secretly jealous because I never had such a special moment in any of these mediums that made me cry even if I wanted, but man, this game made me do it the whole end credits sequence without stopping, it felt so refreshing, it was a feeling I forgot and I imediatly called sobbing to tell him how great this game was!



・ここの字幕を読んで泣くためにこの動画を見に来た。
自分一人だけってことはないよね?
I come to this video to cry when I read the subtitles.
I'm not alone, right?


↑のコメントへの返信
泣かない。むしろどういうわけかこの曲を聞くと幸せな気持ちになる。
I don't cry. Rather, it makes me feel somewhat happy :/


↑のコメントへの返信
同じ理由で来た。
Same here



・2019年、このゲームのことがいまだ心に残っている。
It’s 2019 and this game is still in my heart


↑のコメントへの返信
同意。この歌を聞くと心が温まり、素敵な思い出がよみがえってくる。本当に本当に自分はP4が大好きなんだ。
same this song warms my heart and brings good memories gosh i really love P4 so much


↑↑のコメントへの返信
だよね。このゲーム大好き。
ikr love this game



・これがペルソナを好きな理由だ。
ここいるのはキャラクターではない。自分が決して忘れることのない人間なんだ。自分がプレイする初めてのゲームがペルソナ4で本当に良かった。
もう一度このゲームを初めての気持ちのままプレイすることができたらなぁ。
This is why I love persona 
These aren't characters
They're people who I'll never forget and I'm happy persona 4 was my first game 
I just wish I could play it for the first time again



・この歌は英語歌詞を読みながら聞くと悲しさがさらに際立つ。
This song feels a lot sadder when you read the English lyrics


↑のコメントへの返信
だよね?!(;ω;)
Right?! :')



・この歌を聞くと自然と涙が溢れてくる。
The song that naturally brings a tear to your eye.



・エンディングのクレジットのところでこの歌が流れ始めたとき、女の子のようにわんわん泣いた・・・(T_T)
I cried like a little bitch when this song came on at the end credits... T-T



・アトラス、どうかP5のグラフィックでこのゲームをリメイクしてください。お願いします。
Atlus pls make a remake on this game with p5 graphics pls


↑のコメントへの返信
リメイクは必要ない。このゲームは現時点完璧すぎるし、グラフィックだって今でも美しい。
No need to, the game is too perfect and the graphics still look beautiful.


↑↑のコメントへの返信
うん、あなたの言うことは正しい。でもこのゲームがPS2クラシックカタログのPS4ストアに移植されたら素敵じゃないか。
yeah ur right but it would be nice if the game was ported to the PS4 store in the ps2 classic catalog

すみません、PS4もっていないのでここの訳は直訳というかかなり適当です。


↑↑↑のコメントへの返信
自分はそれでもP5のグラフィックでリメイクされたP4がやりたい。そうなるだけの価値がある作品だから。
I still want p5 graphics coz it deserves it



・このゲームに関する自分の記憶を消すことができたらなぁ、そうすれば再びあの初めてプレイしたときの気持ちを味わえるのに。
I wish I can erase my memories of this game so I can experience it for the first time, again.



・このゲームクリアしちまう寸前まで来ている。でも終わってほしくない。
I'M GETTING CLOSE TO BEATING THE GAME BUT I DON'T WANT IT TO END.



・このゲームをクリアしたあと実際に3週間ぐらい気分が落ち込んだままだった(笑)
I was literally depressed for like 3 weeks after beating this game xD



・間違いなく今まで作られたゲームの中で最高のゲームの1つ。

Definitely 1 of the best games ever created.







おわりに

コメント読んでいたら「パチスロで知りました」とか言ってた自分がなんだか恥ずかしくなってきたw

ただ輪るピングドラムやその他の曲にも言えるけど、パチスロのおかげでこうした名曲に出会えたのだから結果オーライともいえる。


一応こんなご時世なので言っておくと、今年は1度もパチスロを打ちに行っていないし、去年も数回行っただけでほぼ引退の状態です。ただパチスロ動画はいまだに結構見てます・・・

以下、パチスロの話なので興味ない人はそのまますっ飛ばしてください。

自分の中でペルソナ4の思い出といえば、ART開始とともにReach Out To The Truthを選び、10連したあたりで中ボス?みたいなの倒してHeavenに切り替わり、その後さらに10連したあたりでラスボス?を倒してこのNever Moreが流れるところが最高にカッコよくて痺れるところだと思っていたのに、隣で打ってたおっちゃんが無事エンディングを迎えてNever Moreが流れたところで、速攻でReach Out To The Truthに戻したのをみて「!?」ってなったことかな(笑)
今もすごく印象に残ってる。

Reach Out To The Truthも確かにカッコいいんだけど、あそこでNever Moreが流れる展開が最高に痺れるのに・・・

あといきなりであれですが自分と同じようにあとパチスロ経由でNever Moreを知り、今依存症で苦しんでいる人にはこの本がオススメ。自分はもう10回以上読み返した。最後の最後にある作者の問いかけがめちゃくちゃ熱い!


ブログならこちらがオススメ(リンク先の記事にある「6月6日にパチスロで勝つバカへ」はちょうどこの時6月6日にガルパンの6を打ったこともあり強烈に印象に残っているw)




ただぶっちゃけ言うと、本やブログを読んだぐらいで依存症が克服できたら苦労ないわけで上の本やブログは読み物として面白いのでオススメですが、これらのおかげでやめることが出来たわけではないです。

正直言ってやめられたのは自分のブログ、ひいては読者の皆さんの応援コメントのおかげです。元々「英語の勉強もしつつ小遣い稼ぎもできるとか最高じゃね?」って軽い気持ちから始めたのですが、思った以上に自分の書いた記事を喜んでくれる人がいることでモチベが高まり「もうパチスロとか打ってる場合じゃねー!」ということで今のところやめられているというのが真相です。これは予想外の副産物でした。今まで応援コメントを書いてくれた人たちどうもありがとうございます!

なのでやめたい人はそれ系の本を読んだりブログを読むより、ブログを書くなり、You Tubeに動画を投稿するなりなんでもいいので別の依存先を見つけるのが一番手っ取り早いかなと思います。根性でやめようとしたことは過去何十回もありましたが自分は最高でも数ヶ月が限界でした。それもほとんどは1ヶ月もたない。

ペルソナ4と関係ない話ばっかですみません。

コメント読んでいたらゲームにも手出したくなって来たけど今ゲーム機が3DSしか持ってないんだよな・・・・







海外の反応ランキング