どうもカゲロウです。


それではアニメ「BEASTARS」第4話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


壮絶な過去とかキャラクターの死を見せられるよりこういうのを見せられる方がいたたまれなくなったりします。
ese
「ねえ あのアドラー ルイさんじゃないよね」
「うん 違うね 角ないし」
「詐欺じゃん」
参照元:reddit





海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)

・レゴシは自分に腹を立てていたんじゃないかな?あの虎と戦っているときも本当は自分自身と戦いたかったのか、自分自身を血まみれになるまで殴りたかったのか。このアニメで表現される言外に示された意図の全部が大好き。
Legosi was mad at himself wasn't he? when he fought the tiger he wanted to fight himself, to beat himself bloody. Damn I love all of the nuance in this show.


↑のコメントへの返信
そういうものがたくさんある。アニメが終わったら漫画を読んでみることをオススメするよ。
There's quite a bit going on. I recommend going on to the manga once the season ends.


↑のコメントへの返信
新たなエピソードが出るたびに登場人物たちの色々な面を知ることになり、最初に受けた印象でキャラクターが固定されないところが好きだな。
そして、それは奇想天外な大どんでん返しといったつくり手の悪あがきなどではなく、今までのキャラの行動に矛盾しない妥当なものでもある。
I like how initial impressions don't really stick as you learn more about them episode by episode but not jumping the shark with any crazy twists as we learn more about these characters it still fits with their previous actions.

jumping the sharkについては下のサイトを参考に訳しました。





・ついに我慢できなくなって漫画をイッキ読みしてしまった。このアニメは本当に素晴らしい。これがネットフリックスの牢獄に入れられてしまったことは全くもって最悪だ。もっと多くの人に見てもらうに値する素晴らしい作品なのに。
追記:あとサウンドトラックにも言及しないといけないな。あれもファンタスティックだった。
I caved in and am binging the manga. This adaptation is so good, it utterly sucks that it's in Netflix jail. It really deserves to be watched by more people.
Edit: gotta mention the soundtrack, which is fantastic.

cave in=陥落する 降参する 崩れ落ちる ※ここでは我慢できなくなって、と訳しました。
Netflix jail=ネットフリックスの牢獄 ※ネットフリックスは最終回を終えたあとにそれを一気に配信する方式のため、その間コンテンツが閉じ込められることからこのような呼び方がされるようになりました。


↑のコメントへの返信
どういうわけかこのアニメのオリジナル・サウンドトラックを神前暁が担当していることを忘れていた。
だが、今回のエピソードでは彼の音楽が光を放っていたな。
I somehow forgot Satoru Kousaki was doing the OST for this one but damn he shines in this episode

失礼ながら今この人の名前を知ったのですが、作曲したものはめちゃくちゃ有名なものが多いですね。



↑↑のコメントへの返信
Fate/EXTRA Last Encoreを除けば、彼の作品は全く耳にしたことない。と思ったらおおおおおおお彼はMONACAに所属しているのか!
Aside from Last Encore I haven't heard any of his anime works, but ooooooh he's in MONACA!




↑↑のコメントへの返信
それって物語シリーズを担当した人?
Is that the Monogatari dude?


↑↑↑のコメントへの返信
そう!
it is!





・Wow BEASTARSがこんなにも素晴らしい作品だとは思ってもいなかった。
Wow I was not expecting Beastars to be this good


↑のコメントへの返信
Oh boy 今後見続ければいずれわかるが、この作品はこれからどんどん良くなるよ。
Oh boy, just wait and see, it will be way better.

下の解説を読むと物騒な言葉が載っていますが、上のように意訳しました。




・今回が今期アニメの中で今のところ一番好きなエピソードになるかな。
アニメーションと映画撮影術はどの場面をとっても信じられないぐらい素晴らしく、次になにが起こるのだろうとワクワクしっぱなしだった。
あとルイも本当に素晴らしいキャラクターだね。自分の中でどんどん彼のことが好きになっていく。ただ、どうして自分はレゴシのことがこんなにも大好きなのかいまだに信じられない。そして、まだこのアニメは折り返し地点に来てもいない。このストーリーがこの先どんな方向に向かっていくのかと思うとワクワクする。
This was probably my favourite episode of the season so far. The animation and cinematography were incredible and at every moment I was very excited to see what was going to happen.
Also Louis is an amazing character, he has really grown on me, but gosh I can't believe how much I love Legosi and we are not even halfway the series. Excited to see where this is going.


↑のコメントへの返信
このストーリーがこの先どんな方向に向かっていくのかと思うとワクワクする。
この作品はどんどん良くなっていくから、イキまくるぞ。
>Excited to see where this is going.
You're gonna bust a nut. It gets so, so much better.

”Bust a nut”についてですが、これは完全にスラングで、「射精する」という意味になります。ええ、間違いありません、「射精する」です。
“bust”は「破裂させる」という意味があり、”nut”は木の実の「ナッツ」のことなので、もちろん「木の実を破裂させる」という意味にも解釈できますが、ここでは違います。
実は、”nuts”「ナッツ」はスラングで「キン◯マ」という意味もあるんです。うん、なんとなくわかりますよね。
https://www.bigtreeinthehouse.com/entry/2018-07-13-184742#8220Bust_a_nut8221


↑↑のコメントへの返信
BEASTARSとかぐや様は回を重ねるごとにどんどん良くなっていく。新しい話と古い話を比べると、この2つの作品がどれだけ成長してきたのかがわかり驚かされる。
これは全てキャラクターの肉付けと作品の方向性をうまく描いた作者の力量のおかげだ。あとこの2つは画の方も回を重ねるごとにどんどん良くなっていっている。
Beastars and Kaguya sama are two manga that absolutelly become better and better as they go on. Its amazing after you compare their new chapters vs old ones and just how much of a journey both of them were.
Its all due to the author fleshing out the characters and picking the series's direction. And in both cases the art also becomes much better as it goes on.

journeyは旅という意味ですが、そこから比喩的な意味で成長や進歩と言った意味でも使われます。




↑↑↑のコメントへの返信
かぐや様も大好き。
BEASTARSもかぐや様も最初の1話を見た同じ日に全話イッキ読みしてしまった。
I love Kaguya Sama so much too man. These two mangas made me binge every chapter the same day after picking up the first one




・信じられないぐらい素晴らしいね。光の使い方、演出、音楽、その全てが一流だ。
とりわけ彼らの着ている布の質感や質量を感じさせる足音、そういったサウンドデザインがここで行われる出来事をさらに一段上のレベルに引き上げている。
それと声の演技、ゴールデンカムイの杉元役を演じて以来ずっとこのレゴシの声優が成功の階段を登っているのは知っていたが、彼は本物だ。その演技を聞けばレゴシがただビルに対して怒っていたわけではなく、自分自身にも怒っていたのがわかる。
本当に素晴らしいエピソードだった。今のところ今期アニメの中で一番のエピソードだったな。
Fucking incredible. The lighting, directing, and OST are top notch. The sound design especially elevates the experience, you can hear every weight of their footsteps and the fabric of their clothes. And the voice acting, man. I knew Legosi's seiyuu was going places ever since his role as Sugimoto in Golden Kamuy. He sounds so authentic. You felt Legosi wasn't just angry at Bill, he's frustrated at himself too. An incredible episode, my favorite from this anime season so far.

下をみると現在形や過去形では使われないと書いてありますが、ここでは使われていますね。
go places とは直訳の場合、あちこちへ行く、遊びまわるといった意味の口語ですが、未来形や現在進行形で「どんどん出世する、成功する 」 という意味になります。
よって、現在形や過去形では使われないので、要注意です。
http://www.ihcway.com/1day/20161020163238.html




・1話を見たあとで漫画を読み始めた。
あの劇中にレゴシがビルを怒りにまかせて攻撃するところは「ホーリーシット、これは素晴らしい」と言ってしまうような場面だったな。
レゴシの別の面をようやく見ることができた、あと今回は新たにビルが登場したがそこも良かった。
「おそろいの模様を背負おうぜ」は最高にカッコイイセリフだ。
After episode 1 I started reading the manga. The play scene with Legosi attacking Bill in anger was the "holy shit, this is good" moment for me.
We finally get to see a different side to Legosi and the introduction to Bill was great too.
"Matching stripes from one carnivore to another" is an awesome line, damn.

「Matching stripes from one carnivore to another」のところよくわからなかったのですが、「おそろいの模様を背負おうぜ」の英訳かな?と思ったのでこれで訳しました。間違っていたら教えて下さい。

edr
「これに免じておとなしくしてくれよ。仲間の証しだ。おそろいの模様を背負おうぜ」


↑のコメントへの返信
BEASTARSのキャラクターの掘り下げは本当にすごい。
character development in Beastars is pretty awesome.

いまだにcharacter developmentをどう訳すのが最適解なのか悩む



・レゴシがビルの匂いを嗅ぎ始めたとき、ビルはただルイと喋っていたのではなく(画面に映らないことろで)ルイのことを殴りつけたりしていたのかもしれないと思ってしまった(もちろんそれは馬鹿な行為ではあるけど)。
あのステージの上で戦いは緊迫感があった。
1wv0w0u
「お前・・・」
When Legoshi started sniffing Bill I thought he might have hurt Louis rather than just talking (though that would have been a stupid move). The fight on stage was intense.



・今回は本当に素晴らしくて嬉しき泣きしている自分がいる。
全くもってオレンジはすごい。最初宝石の国があって、今はこのBEASTARS、両方の作品に言えるが、画面になにを表示させるか、それをどのように表示するか、その取捨選択はまさに神業といえる。
This is so good I'm crying of joy.
Damn Orange, first Houseki no Kuni, now this. They are doing god's work both in choosing what to bring on screen and how to do that.


↑のコメントへの返信
オレンジの巧みなCGの使い方もあってキャラクターの表現力がとんでもないことになっているな。
The expressiveness of the characters are so incredible with how orange does CG


↑のコメントへの返信
BEASTARSの大ファンであるアニチューバーが3Dでアニメ化されることについて心配していたのを覚えている。だが ORANGE IS SASUGAとは思いもしなかったようだ。
I remember watching some Anitubers who are BIG fans of Beastars worrying about the series being in 3D. Little did they know that ORANGE IS SASUGA.

Anitubersって聞くとなんだかいかがわしさが漂いますが、海外におけるアニメについて語るYouTuberのことです。
ORANGE IS SASUGAはうまく訳せないのでこのままのほうが雰囲気がでると思ったのでそのまま載せました(笑)

Little did one know=知る由もなかった 思いもしなかった


↑のコメントへの返信
最高のCG ♥
Based CG ♥





・今回のエピソードはとても良かった。オレンジによるビルとレゴシのシーンの魅せ方がすごく好き。とても良かった。
今回は本当に素晴らしかった。
Man this episode was SO good, I love how Orange animated the entire scene with Bill and Legosi, it was so good.
Damn... this is pure gold, for real.


↑のコメントへの返信
自分の脳内設定では、オレンジはまさにCGアニメーションにおける露伴のようなやつなんだ。
In my head canon, Orange is just one dude who's basically the Rohan of CG Animation.




↑↑のコメントへの返信
みんな「CGアニメはクソだからな。きっとこの擬人化した動物のアニメもクソなんだろうな・・・」
オレンジ「だが断る」
People: Man CG anime suck ass. I bet this furry show gonna suck too...
Orange: DAGA KOTOWARU



・レゴシは怒ると喋り方ひとつ見ても全く別の動物のようになってしまうようだね。
今までのレゴシを見てきた視聴者は、「ビル、そんなことをするのはやめろ!そういうのは良くないよ!」とか言うんだろうなとは思っただろうが、まさか「ビル、なんだかいかがわしい匂いがするな。今お前をここでぶっ殺してやるよ」となるとは思いもしなかったろうな。
Legosi sure seems like a completely different person when he's angry, even down to the way he talks.
Normally you'd expect him to say something like "Bill, you can't do this! It's not right!" and not "Bill, I smell some bullshit. I'm going to end you now."


↑のコメントへの返信
要するにあれは肉食獣の側のレゴシが喋っている。レゴシには怒りや本能といった常に隠そうとしている面とルイの語っていた面がある。
erty
「あいつは無理して弱者の側に立とうとするから シカの俺からすれば、むしずが走る話だ」
だが、そうした色々な多くの感情が今回混ざり合ってしまった。
こういう部分がレゴシというキャラクターを素晴らしいものにし、このストーリーを導いてくれるものになる。そういうこともあってレゴシの成長を見るのがこの作品の素晴らしいところになっているんだ。
Because its his carnivore side speaking basically. The angry, instinct side that he is always trying to hold back and the side Louis talked about.
But its also mixed in with his many feelings into a bit of a mixed ball.
Thay is what makes Legosi a great character and lead for this story. Seeing his journey is great because of it.

But its also mixed in with his many feelings into a bit of a mixed ball.がよくわからなかったの憶測です。


↑のコメントへの返信
レゴシの頭の中に響く声
sere
「いい子でいるのは疲れない?」
「怒りをぶちまけたくない?」
Voice in his head

このフレーズは向こうのヤフー知恵袋(Yahoo! Answers)における新生児&赤ちゃんのカテゴリーに投稿された質問で、これがミームとして広まり、上のようなデイジー姫がピーチ姫に語りかけるネタ画像が作られるに至ったようです

一応説明すると、心優しくお淑やかなピーチ姫とキャラが被らないようにデイジー姫は生意気でワガママみたいな性格になっているため、そこから上のような画像が作られたのでしょう。



go apeshit=怒る ※ape shittはこれで訳しました





・ルイ先輩の病院にいるところの画像が大好きだ。
edr
レゴシがビルの匂いを嗅ぎ始めたとき、最初に思ったことは、緊張を解くためにビルは酒を飲んだか、マリファナでも吸ったのでは?だった。だが、どうやらうさぎの血というのはより自分をアグレッシブにするためのものであって、緊張を解くためという自分の考えとは真逆だったんだな。
GiRBf0w
「うさぎの血」
あのコスチュームに身を包んだレゴシはすごくクールだった。
ert
「俺が全部壊してやる」
レゴシとビルとのやり取りはその全部がとても良かった!緊迫感がすごくて、ここにいる観客みたいに自分も身を乗り出して見入ってしまった。
ert
このアクシデントを乗り越えるために土壇場でやってきたルイ先輩がカッコいい!
ertgff (1)
「ずいぶん楽しんでるな」
彼はまだ足が痛むはずだ。けど、ステージに現れ主役の座をかっさらい、レゴシを救い出す。とんでもないやつだ。この男が本当にめちゃくちゃ大好き!
ertgff (2)
I love this shot of Louis-senpai in the hospital
When Legosi started sniffing Bill my first thought was that maybe he drank some booze or smoked a fat one to calm his nerves, apparently it's Rabbit's blood to make himself more aggressive which is the opposite of what I thought he was trying to do.
Legosi looked so cool with that costume on. That entire scene between him and Bill was so good! It was so intense that I was at the edge of my seat like the audience was. And Loius-senpai just coming in to save the day was great! I'm sure his leg is still hurt but what a fucking bro jumping in stealing the show and saving Legosi, I fucking love this guy!


↑のコメントへの返信
アニメではなんだかボヤっとした説明だったが、ビルがあの血を飲んだ主な理由はルイの代役を務めるという事態に極度に緊張していたからだよ。うさぎの血は確かにビルをアグレッシブにするものであるが、ここでは逆に彼の緊張を抑える働きがあった。
Something that the anime kinda glazed over is that the core reason that Bill drank the blood is that he was actually extremely nervous about having to fill in for Louis. The rabbit blood was indeed there to make him more aggressive, but that in turn was meant to help overpower his nerves.

glaze overにはどんよりする、目が曇る、というような意味があるのでそこから上のように訳しました



・参考までに言っておくと、ビルの声優は虎島という名前だ。つまり、この虎役の声優はTiger Islandという名前なんだ。
Just as an FYI, Bill's VA is called Torashima. The tiger's VA is called Tiger Island.

FYI=For Your Information=参考までに




↑のコメントへの返信
すごいね
トリヴィアありがとう
Amazing
ty for trivia



・素晴らしいエピソードだった。美しくなめらかなアニメーションで、あそこにあるいくつもの場面をとても心が沸き立つものに作り上げてくれた!
あれを見ればスタジオ・オレンジの人たちが多くの労力と愛を込めてこのアニメを作っていることは明らかだ。
それと、このアニメにおいてが血がドラッグのような扱いになっているところが面白いと思った。
Amazing episode - had great and fluid animation and those scenes were extremely exhilarating! It's obvious how much effort and love people at Studio Orange put into making this show.
Also, I find it interesting how blood is equivalent to drugs in this anime.

exhilaratingをここでは心が沸き立つと訳しましたが、ドクターストーンの主人公の口癖「唆るぜ、これは!」は"this is exhilarating!"と訳されています。


↑のコメントへの返信
宝石の国は見た?
Did you watch Houseki no Kuni?


↑↑のコメントへの返信
うん、このスタジオが製作を担当しているっていうのに、みんないまだにBEASTARSを3Dだからというだけで見るのをためらったりしているようだ。
Yep. People were still pretty hesitant towards Beastars being 3D though despite the studio behind it.



・このアニメはまさに芸術だな。
This anime is fucking art



・ホーリーシット、あの演劇の間ずっと身を乗り出すように見ていた。壮大で素晴らしいアニメだ。このアニメに夢中になってしまったというそれだけの理由で自分は漫画の1巻を注文してしまった。
HOLY SHIT, I was on the edge of my seat during all the play scene, magnificent shit, great anime, I ordered the first volume of this manga just for the hype the anime just gave me.



・何も言えなくなってしまうほど、信じられないぐらい素晴らしいエピソードだった。
I'm speechless, incredible episode



・誰とレゴシをカップリングすればいいのかわからなくなってしまっている。オープニングを見る限りハルなのだが、あのエンディングを見るとルイのようにも見えるし、正直なところそっち側に乗り込もうかと思っている自分がいる。
I don't know who I'm supposed to ship anymore. OP says Haru but this ep and the ED say Louis and honestly I think I'd be more on board with that.

これはレゴシと誰をカップリングするか?って意味だと思ったので勝手にレゴシを付け足しました。

乗り込もうというのは、向こうではカップリングすることをship(語源はrelationship)というので、船のshipとかけて乗り込もうと言っているのだと思います。


↑のコメントへの返信
ハルを選ぶのが標準的な答えだ。だが真の上流階級はルイこそが正しい答えであると知っている。
Haru is the standard choice but TRUE patricians know Louis is the right answer.

patrician=上流階級 貴族 (貴族のように)趣味の良い人[洗練された人]



・作画の話はさておき、それぞれのキャラクターの声優はまさにピッタリハマっている。自分はレゴシの声優が大好きだ。とりわけ彼が独白するところ。
aside from animation, the VAs of each characters are spot on and i really love legosi's VA especially when he's doing a monologue



・WOW!このアニメは既に空高くにある自分の期待をさらに上回ってくる。スタジオ・オレンジに神の御加護を!このアニメは見てて退屈な時間が全くない。一貫して人を魅了し続ける。
WOW! This show is exceeding my already sky high expectations. Bless you, Studio Orange! This show doesn't waste any time, it's consistently enrapturing.



・ルイがレゴシを助けに来るところは素敵なシーンだった。ステージ上でレゴシがビルを殴りつけるところはとても凶暴に見えた。だがビルはそうなるだけのことをしたんだ。
Man Louise coming in to save Legoshi was a great scene. Seeing Legoshi beat Bill like that on stage was quite vicious but Bill had it coming.

had it coming=自業自得だ 当然の報いだ ※それ(it)を来るように(coming)させた(had)ということで自業自得という意味になるようです。








おわりに

上では自業自得というような言い方がされてますが、個人的にはなんだかあの終わりはビルがちょっと可哀想になってしまった。本人ノリノリでアドラーやる気だったのに観客から冷たい反応された上に、あんな退場の仕方をさせられたり(´・ω・`)

まあうさぎの血を摂取することがどれだけの大罪なのかまだわかってないからそう思うだけなのかもしれませんが・・・うーん・・・

ではまた来週!


BEASTARS 15 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2019-10-08)
売り上げランキング: 21






BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2017-01-06)
売り上げランキング: 5