どうもカゲロウです。

今回は衝撃的な展開でしたね。あんな終わり方だと次週からなにごともなかったかのように普通に始まることは出来ないと思うのですがどうなるんでしょうか?

まさか本当に死んでるわけはないと思いますが・・・それともリゼロみたいにセーブポイントまで戻るのかな?


それではアニメ「ゴブリンスレイヤー」第7話に対する海外の反応で英語の勉強をしていきたいと思います。


本編と関係ないけどニコニコでみるとコメントで笑ってしまうのと画面が小さくて暗いシーンが見にくいせいかあまり集中できなかった。テレビでみたほうがいいのかもなぁ。でもコメントあったほうが楽しいんだよなぁ・・・

w (2)
参照元:https://goo.gl/LpP2oH





海外の反応(ブログ主の注釈コメは緑字)


・女神官の叫び声はあのシーンの絶望感を本当にうまく表現できていた。
w (8)
Priestess' screams really sell the desperation of the scene.

ここでのsellの使い方がよくわからなかったのですが、その他の単語から推測して訳しました。

↑のコメントへの返信
うん、彼女は今回、とてもひどい目にあった。彼らは絶望感があったというだけでなく実際にひどい状態だったし、形勢も悪かった。ライトノベルを読んでいなかったら、あそこを見て一巻の終わりだと思っただろうな。
yeah she had it pretty rough in this episode the desperation and the very bad state they were in, things were really against them, if i wasn't a LN reader i would think this could have been curtains for them

have it rough=ひどい目にあう
curtains for A=Aの一巻の終わり ※curtainはカーテンのことですが、劇場と観客席の間を仕切る緞帳(どんちょう)の意味でも使われ、そこからAのために緞帳を垂らす=Aの劇が終わる=Aの一巻の終わりという意味になったようです。日本でも幕を下ろすという言い方をしますがあれと同じですね。


↑↑のコメントへの返信
アニメオンリーの者だけど、今回が12話
※最終回といいたいのかな?だったら、ゴブリンスレイヤーは死んでしまったのだと完全に思い込んでしまったろうな。とりわけ、あの最後の長くドラマチックな鳥の目の演出を入れたことも考えたら
w
I'm on anime-only but if this was episode 12 then I would totally believe that he was properly dead. Especially with the really long dramatic bird eye thing at the end.

↑↑↑のコメントへの返信

あの鳥の目のやつは尺稼ぎでしかなかったと思う。

I'm sure it was just a filler

filler=詰め物 充填材 混ぜものという意味ですが、アニメファンの間で使われるときには「尺稼ぎのくだらないアニメオリジナル展開」という否定的な意味で、ドラゴンボールとかナルトを語る時によく使われます。

w (3)

↑↑↑↑のコメントへの返信

日本バージョンだとあのカナリアの場面ではクレジットが流れていたんだと思うよ。

I believe that in the JP version it had a cast roll during the canary bit

↑↑↑↑↑のコメントへの返信
それであってる。日本版はあそこでクレジットが流れてた。

you are correct the JP version and the cast roll during that time.

自分のみた日本版(ニコニコ動画)ではクレジットもないしその後にさらに通常のエンディングまで流れちゃいましたけどね(笑)






・女神官がおしっこを漏らしたらすぐにあの絶望的な状況が変化し生き残る結果につながった。これでもう2回目だ。
偶然の一致?そうは思えない。
r
This is a second time Priestess pees herself and immediately survives very bad odds.
Coincidence? I think not.

pee oneself=おしっこを漏らす
very bad oddsの意味がわからなかったので、ありえないような(very bad)確率(odds)でも生き残ったみたいな意味かな?と思ったのでそのニュアンスで意訳してみました。


↑のコメントへの返信

確かに、彼女がお漏らしするのは良いことが起こる前兆かもね。

Indeed, it's a very good omen if she pees herself

omen=予兆 前兆 神のお告げ


↑のコメントへの返信
聖水が奇跡を呼び起こす・・・

Holy water brings miracles...

↑のコメントへの返信
お漏らしは逆死亡フラグと考えてよい。

Peeing herself can be considered a reverse death flag


・クソくらえだ
w (2)
THIS SHALL NOT STAND.

「THIS SHALL NOT STAND」の訳がよくわからなかったので、アニメの「クソくらえだ」をそのままもってきました。
英語というのは中学で習う単語で9割出来ているから簡単だとか本に書いてあったりするけど、それが正しいとしても、その単語の使い方を中学で習わないんじゃ意味ないよなぁと前から思っていました(1番最初で挙げたsellの使い方もそう)。
この「THIS SHALL NOT STAND」も中学1年生で習う英単語だけで出来ているけど、英語の上級者じゃないとこれを見て「クソくらえだ」とは訳せないだろって思う(みんな当たり前に訳せていたらすみませんw)。
「can't stand」は「我慢ができない」という意味だから、「THIS SHALL NOT STAND」で「こんなもの我慢してたまるか」→「クソくらえだ」になるのか?それともshallのコアイメージには「神が導くただ1つの進むべき道」という意味があるようなので、「こんなものが神の導く道であってたまるか」→「クソくらえだ」と訳になるのか?
参考サイト:
shallの用法まとめ:shallのコアイメージから意味や使い方を押さえよう!

↑のコメントへの返信
この瞬間ゴブリンは自分たちが殺されることを理解した。

At this moment the goblins knew, they fucked up.

↑のコメントへの返信
ここが漫画のようにうまく描けてなくてちょっとガッカリした。あとそこでの怒り狂うエルフのシーンはカットされていたね。それ以外は素晴らしい出来だったかな。
それと、女神官の叫び声はハンパなかったな。

A bit disappointed that this panel was not as good as it was in the manga though. Oh and that the MAD elf was left out. Other than that, fantastic episode.
Also, that Priestess scream, holy fuck.


↑↑のコメントへの返信
(制作陣は)エルフの少女を泣かせもした。今、自分はゴブリンがますます嫌いになっていってる。
w (1)
And they even made Elf Girl cry, i hate goblins even more now

このtheyはゴブリンを指しているのかと思ったけど制作陣ですよね?ゴブリンなら最初、固有名詞で、そのあとにthemを入れるはずだし

↑↑↑のコメントへの返信
エルフの少女はとても鋭敏な聴覚を持っているから、ゴブリンスレイヤーが本当に死にそうなときには、彼の心臓音が弱まっていることに気づき死んでしまうことがわかるはずだ。だから他の仲間が彼の様態がどれほどひどいのか気づく前に泣き出してしまったんだろうな。
If Goblin Slayer really did die, I think Elf Girl could hear his heart going weak. She has very acute hearing, and she could tell he was going to die, that's why she started crying before everyone else realized how badly injured he was.


・あの3Dの回転シーンには驚かされた。「マトリックス:ゴブリンスレイヤーエディション」が見れるとは思いもしなかったが、今回それがやってきて、そしてそれはとても良い出来だった。この難しい演出をうまくやり通せたホワイトフォックスを称賛したい。
MetallicWhoppingHuia-small
これほどゴブリンスレイヤーたちが危険に晒されるところは見たことがなかった。確かにそれまでも彼らはゴブリンたちと戦ってきたが、最後にはいつも勝ってきた。今回のエピソードではその勝ちが当たり前ではないことを証明してくれた。ハイエルフはレ◯プされる直前までいったし、女神官は死ぬ寸前だった。そしてゴブリンスレイヤーはいま生死の境をさまよっている。
ゴブリンというものは本当になめてかかってはいけない怪物だ。あいつらは徒党を組んで襲いかかってくる。

That 3D rotational cut caught me by surprise. I didn't expect to see "The Matrix: Goblin Slayer Edition" but here I am. And it looked good too, so kudos to White Fox for pulling it off.
Up until this episode, I never really had the sense of danger behind GS' group. Yeah they would fight the goblins but they almost always win in the end. This episode just proved that is simply not the case anymore. High Elf was almost raped, Priestess almost died, and GS is on the verge of dying himself.
Goblins are truly creatures that you do not mess around with. They will band together to fuck you up.

pull off=困難な状況をうまくやり通す 車を停める 服を脱ぐ
mess around with A=Aをなめてかかる Aを気まぐれにいじる Aといちゃつく
band together=徒党を組む 結束する


↑のコメントへの返信

個々の力は弱いながらも、一方で人をぶち殺すだけの能力をもつゴブリンに対し、彼らも本当に今までうまく対処してきたと思う。

I also think they dealt really well with goblins being able to fuck you up while still individually weak.

↑↑のコメントへの返信
数の力だ。それも圧倒的な
弱い100人の人間と戦うよりも自分より強い1人の人間と戦うほうがいいだろ。

Strength in numbers. Overwhelming force.
Would you rather fight 1 stronger person or a 100 weak people.


・ここのシーンはアニメと漫画はどっちが良かった?
w (6)
Which do you prefer, the anime or the manga panel?

↑のコメントへの返信
漫画が素材としては先だが、アニメのゴブリンスレイヤーの怒りの表現方法は漫画とはちょっと違っていた。
それぞれ独自の魅せ方をしていて両方ともとても良かったよ。

The manga panel is some primal material, but there is a different kind of rage seeping through from the anime.
Both are excellent in their own regards.

primal=最初の 原始の 一番の
seep through A=Aを通じてにじみ出る ※上の文章ではseep through from Aとの形になっていますが、これは誤用かもしれないですね。


↑のコメントへの返信
アニメではあのシーンにさらに赤く光る目というカッコいい演出が追加された。両方とも最高だ。

The glowing eye added an extra badassery to the scene. Both are superb.

↑のコメントへの返信
アニメのほうはなんだか表現が抑えられていたね。ハイエルフの殺意のこもった目が見れなかったのが残念。ゴブリンスレイヤーが立ち上がったその後に彼女も立ち上がっていたのに
それと自分が覚えている限りだと女神官の腕が食いちぎられていたと思ったが、アニメではただ傷を負っただけだった。あの叫び声にはゾッとするものがあったけどね。
追記:上の文は気にしないでくれ、再度読み直したら彼女は肩を食われただけで自分の勘違いだった。

Anime toned down somethings
I kind of hate we didn’t see High Elf’s eyes of death, she kinda just stood up after GS was back on his feet
Also Priestess has her whole arm torn off from what I remember
It’s just a wound here
Screams were chilling tho
Edit: never mind only her shoulder was munched on after re-reading, my bad



・で、ゴブリンスレイヤーの目が片方だけ光ることの説明ってあったっけ?
So do we ever get an explanation of Goblin Slayer's single glowing eye?

↑のコメントへの返信
彼はガンダムなんだよ。

He's a Gundam.

↑↑のコメントへの返信
彼は実のところ
(ガンダムというより)ザクだろ。
He's actually a Zaku

ザクの立ち位置とかも考えると妙に納得してしまったwだから1つだけ赤く光るのかw
機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD エクシードモデル ザクヘッド 6 全3種セット ガチャガチャ


・ハイエルフがレ◯プされかかったあとの彼女の怒りとゴブリンを殴りつけるシーンがアニメ化されなかったってのは本当なの?

is it true they didn't animate the High Elf being angry and bashing a Goblin out of pure rage after nearly being raped?

↑のコメントへの返信
彼女の怒りに震える顔はアニメ化するべきだった。ゴブリンスレイヤーの「クソくらえだ」のシーンより彼女のあのシーンを期待していたのに

Her rage face should've been animated. Was looking forward to that more than Goblins slayers moment.

↑のコメントへの返信
これのこと言ってる?
w (5)
You mean this scene? Manga page

↑↑のコメントへの返信
ここがカットされたのは本当に残念だ。

Such a shame this was cut.

↑↑↑のコメントへの返信
おそらく漫画のコマ以外の描写に関して彼女の裸を隠すうまいやり方が思いつかなかったんだろ。

probably because there wouldn't be a clever way to cover her up in something that isn't just panel pictures

裸とは言ってないですが、文脈的に裸のことかな?と思ったのでそこを補完しました。


↑↑↑のコメントへの返信
それはともかく鳥の目の描写のほうはめちゃくちゃ良かったよ
Bird eye shot was soo much better anyways.

あそこはアニメオリジナルなのかな?



・あの女神官の叫び声は今までアニメを見てきた中で最も恐ろしい叫び声の1つだったな。
God, hearing Priestess scream has got to be one of the most chilling moments I've experienced, watching anime.

↑のコメントへの返信
あそこは正直今まで聞いてきたアニメの叫び声の中でも最高のものだった。なぜならあの叫び声は、「いやあああああ・・・うう・・ああ」というようなよくある変な唸り声、うめき声のいわゆる「アニメの叫び声」ではなかったからだ。
あれは文字通り「録音するので声の限りに叫んでください」「ホラー映画で、殺人鬼に掴まれたところを想像して叫んでください」というような叫び声だった。

That was honestly the best scream I've heard in anime because it wasn't an "anime scream", where they phone it in with the typical weird anime grunts and groans, "EEEYAAAAH-Ah...Ugh...Agh..."
It was literally "Scream at the top of your lungs and we'll record it." It was "Scream like you're in a horror movie and the axe murderer just grabbed you."

"EEEYAAAAH-Ah...Ugh...Agh..."の叫び声のところの訳はかなり適当です。

grunt=唸り声
groan=うめき声
at the top of your lungs=声を限り 大声で 


↑↑のコメントへの返信
エヴァンゲリオンのアスカも良かったぞ。
あのシーン知っているだろ。

Asuka in Evangelion, tho
You know, THAT scene

あのシーンがよくわからなかったのですが「asuka eva scream」で検索したらこれが一番上に来たのでこれのことかもしれません。
15分50秒あたり




↑↑↑のコメントへの返信
そう、それを言おうとしてた。オリジナルも吹き替えも両方の声優ともにあの叫び声は素晴らしい演技だった。とても恐ろしくてあれを聞くといつも恐怖で背筋がゾクゾクしてしまう。

Yeah I was about to mention that. Both the dub and sub voice actresses pulled that scream off amazingly. Such a horrible sound. Sends chills down my spine whenever I hear it.

send chills down someone's spine=[感激や恐怖で]someoneの背筋をゾクゾクさせる ※spineは脊椎


・文字通り怒りすぎて死ぬことができなくなっている男
r
Man Literally Too Angry to Die

このフレーズはまるごとミームになっているようです。検索するとこんな画像がいっぱいヒットします。
w (9)



w (4)

↑のコメントへの返信
サンクス、ダークソウル
w (10)
Thank you, dark souls.

DARK SOULS REMASTERED 【予約特典】「上級騎士バストアップフィギュア」 付 - PS4


↑のコメントへの返信
正直、こんな文字がでるんじゃないかと思ってた。

I was expecting this tbh

↑のコメントへの返信

ようこそゴブリンソウルへ。

Welcome to Goblin Souls, bitch

bitchのニュアンスがよくわからなかったのでスルーしました。





おわりに


アニメを楽しむ分にはテーブルトークRPGの知識は必要ないのですが、英語のコメントでそれと関連づけた文章がでてくるとうまく訳せなくて困ります。そういうわけでそっち方面と関連した反応を期待している人のご期待には今後もあまり添えないと思います。ご了承ください。


飛田さんの声が聞こえると、少佐の演説思い出してしまう。

関連記事
(ヘルシング)少佐の演説に対する海外の反応(英語吹き替え版)


ではまた来週!




ゴブリンスレイヤー 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊), 黒瀬浩介, 神奈月昇
スクウェア・エニックス